Microsoft Windows オフィス2013 2016激安通販 Windows 10 ダウンロード版

正規品100%保証:弊社の製品は公式サイトで認証出来ないと確認すれば無条件返

Officeストアが日本上陸 - 22カ国での展開を発表

2016-10-12 16:00:04 | 日記

7月8日(現地時間)、Microsoftは自社公式ブログの一つ「Office News」でOfficeストアの市場に22カ国を追加することを発表した。対象には日本も含まれる。

「新しいOffice(Office 2013)」と統合されたOfficeストアは、同スイートがカスタマープレビューの段階である2012年8月から実験的に公開されており、製品版が発売された2013年2月以降も展開をとどめていた。ユーザーはOfficeストアから各Officeアプリケーション向けアプリ(以下、Officeアプリ)を、無償もしくは有償でダウンロードし、日々の業務を改善することができる。

その後半年の月日を経て、英語圏だけでなくフランス語やドイツ語、日本語を対象にローカライズや購入手続きの準備を終えたため、各国への市場展開を実行するに至った。ただし、現時点では正式版ではなくプレビュー版にとどまっている。なお、大半のOfficeアプリは無償でダウンロード可能だが、一部の有償版は一定期間の無償試用も可能。購入にはMicrosoftアカウントに登録したクレジットカード、もしくはPayPalが必要となる。

Office事業部のシニアプロダクトマーケティングマネージャーであるDene Cleaver(ディーン・クレーバー)氏は、ブログで「あなたの作ったアプリを、OfficeおよびSharePointユーザーに届けることができる」とアプリ開発者向けのアプリも行い、Windowsストアとは異なるビジネスモデルの構築を目指している。同社は以前から、日本語対応のOfficeアプリの受け付けを行っていたが、執筆時点は数えられる程度である

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 注目しておきたいOffice 365... | トップ | マイクロソフト、Office 2013... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。