2017 SOCJ SLALOM in 大磯ロングビーチ イベントリポート

晴天に恵まれたゴールデンウィーク

湘南の海と空、そして熱い走りを堪能しました。

眩しい朝陽が、最高の一日になる予感。気合が入ります。

今回は73台のエントリーをいただきました。

SOCJのジムカーナイベントも回数を重ね、参加者のレベルが着実に上がってきています。

そこで今回は、

 

3種類のコースが準備されました。

どのコースも、スピーディかつテクニカルなコースです。

気持ちよく踏みすぎると・・・ パイロンに寄せすぎても・・・ 奥が深いコースでした。

SOCJ会長あいさつ、競技内容説明、朝のブリーフィングは進んでいきます。

お馴染みの講師のおふたり。
全日本ジムカーナ選手権チャンピオン 小林辰朗選手
ミッドシップマシンMR2を駆る 長島美香選手

いつもありがとうございます。

 いよいよ、練習走行開始!!

午後のタイムアタックに向けて、コースを攻めます。

お昼は、ラウンジで、おいしいお弁当  

レーシングギアも見逃せません

小林講師のコース攻略講座

さらに、コースに出ての完熟歩行レクチャー。

 

午後のタイムアタック開始です。

チャレンジ、ミドル、エキスパートの3コースからアタックコースを選択。

3本のベストタイムで競います。

タイムアタックゼッケン1番、スタートです。

アナウンスを務めていただいた嶋田さんの声にも、選手の熱い走りが伝わってきて、熱をおびます。

そして、午前中は封印していた、悪魔の叫びにも

「ミス コォ~~~スッ!!!!」

あっという間に、タイムアタックが終わり、ドキドキの表彰式。

3本目のタイムは、あえてアナウンスされなかったので、順位が気になる、気になる。

 

チャレンジクラス 

1位 2位 3位 7位 のみなさん おめでとうございます!

4位 5位 6位 8位 のみなさん おめでとうございます!

 

ミドルクラス 

1位 2位 3位 7位 のみなさん おめでとうございます!

4位 5位 6位 8位 のみなさん おめでとうございます!

 

エキスパートクラス 

1位 2位 3位 7位 のみなさん おめでとうございます!

4位 5位 6位 8位 のみなさん おめでとうございます!

 

恒例のじゃんけん大会は、第2の決戦場。盛り上がりました。

SOCJ会長のあいさつで無事イベント終了です。お疲れさまでした。

 

参加して頂きました皆様、
講師を務めていただいた小林選手、長島選手、
オフィシャルを務めていただいたスタッフの皆様、
ありがとうございました。

 

機器トラブルでの走行中断では、スタート前に並んでいるドライバーの方にご迷惑をお掛けしすみませんでした。

 

協賛して頂きました、横浜ゴム株式会社 株式会社オリフラム プロジェクション 三貴プリパレーション有限会社  株式会社アクト・トレーディング 有限会社アブロード ダートフォード サマーアイプロジェクト 株式会社トワイス AUTO PRODUCE THE CROSS の皆様、ありがとうございました。

 

協力して頂きました、大磯プリンスホテル 大磯ロングビーチ Scuderia・CeT の皆様、ありがとうございました。

 

「第6回 SOCJ スラローム イン 宝台樹」が、平成29年10月1日(日)に開催される事となりました。

皆様のご参加をお待ちしています!

 

 

最後に車載動画をご覧ください。 

EXPERT CLASS 1位になりました、ゼッケン70です。

 

EXPERT CLASS ゼッケン68です。

 

EXPERT CLASS ゼッケン60です。

 

MIDDLE CLASS 2位になりました、ゼッケン48です。

 

CHALLENGE CLASS ゼッケン7です。

 

 

 

 

次回、SOCJのイベントでお会いできる事を楽しみにしています。

 

 

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 



コメント ( 0 ) | トラックバック ( 0 )
« 2017 Seven Da... 2017 Seven Da... »


 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
・このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。