今年一番の人気モバイル?アプリはフェイスブック - 米ニールセンの米市場レポート

2017-06-16 07:55:10 | 日記





米ニールセン(Nielsen)が現地時間16日に発表した2013年のデジタルメディア?モバイル環境の動向に関するレポートによると、今年米国でもっとも多く利用されたスマートフォン?アプリはフェイスブック(Facebook)だったという。また、グーグルのアプリ5種類がベスト10にランクインしたほか、写真?動画共有アプリのユーザー数では「Instagram」が「Twitter」を上回ったという。


[Nielsen via Engadget]

同レポートによると、米国では今年スマートフォンユーザーの割合が携帯電話ユーザー全体の65%にまで拡大し、タブレットについても米国の全家庭の29%が少なくと靴 通販1台を保有するまでになっているという。またスマートフォンのOSシェアは、Androidが52%、iOSが41%、BlackBerryが3%、Windows Phoneが2%となったという。

月間ユニークビジター数(UU)ではグーグル(Google)が首位となり、2位以下はフェイスブック(Facebook)、ヤフー(Yahoo)、MSN/Windows Live/Bing、YouTubeの順となっている。ただし、いずれもユニークビジター数は前年比で数%~10数%減少。それに対して、スマートフォンやタブレットの普及で、アプリケーションからのアクセスは拡大しており、スマートフォンアプリのランキングでは、トップ10すべてのアプリでユニークユーザー数が前年から拡大しているという。


【参照情報】
?Facebook No. 1 Mobile App Of 2013 But Google Has 5 Of Top 10 - Marketing Land
?Nielsen: Instagram bigger than Twitter on mobile in 2013 - Search Engine Land
?Nielsen: Users embracing smartphone apps while ditching traditional web services - Engadget





ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« カロッツェリア 2013秋モデル... | トップ | 【札幌】財前監督「厳しい展... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。