6カ国協議米首席代表が来韓 中国との連携強調

2017-06-16 07:38:59 | 日記




(聯合ニュース)



 【仁川聯合ニュース】北朝鮮核問題をめぐる6カ国協議の米国首席代表を務めるデービース北朝鮮担当特別代表が13日、韓国と日本、中国の3カ国歴訪の最初の訪問地である韓国の仁川国際空港に到着した。

 デービース氏は聯合ニュースの取材に対し「北朝鮮に向け非常に強力で統一されたシグナルを送るための方策を中国と協議する」と述べた。米中間で北朝鮮の変化を促すための追加措置が協議されるかに注目が集まる。

 中国国有大手銀行が先ごろ、北朝鮮の銀行との取引を停止した措置について「非常に興味深い。潜在的に重要な進展だ」と評価した。中国の最近の対北朝鮮政策に対しては、「米国は中国の北朝鮮に対する考えが進化し続けているといみている」と述べた。

 デービース氏は北朝鮮が威嚇の度合いを弱めたかとの質問に「北朝鮮は時折、挑発的で不安定な行為を中断し、緊張が緩和したような印象を与えている。しかし、緊張緩和とは異なる」と指摘。「挑発と沈黙、新たな挑発と続く終わりのない繰り返しから脱却すべきだと北朝鮮に分からせるよう、正しいシグナルを送る方策を韓国政府と協議する」と述べた。

 デービース氏は14日午前に6カ国協議の韓国首席代表の林聖男(イム?ソンナム)外交部朝鮮半島平和交渉本部長と会談する。先ごろ米ワシントンで行われた韓米首脳会談で両国は対話と圧力を並行する北朝鮮政策を再確認しており、今回の会談では具体策が協議される見通しだ。中国の北朝鮮への圧力がこれまでとは異なると指摘されているだけに、韓米中3カ国の連携策が協議される可能性もある。

 デービース氏は韓国に続き15日に中国を訪問し、6カ国協議議長を務める武大偉朝鮮半島問題特別代表と会談する。16日には東京で日本首席代表の杉山晋輔外務省アジア大洋州局長と会談する。



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『花男』プロデューサー来日 ... | トップ | 受験生の新たな必需品?--勉... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。