自転車おやじのカリフォルニアゴールデン日記

ゴールデンレトリバーのジュリーのblogから、ロードバイクのブログへと衣替え。トライアスロンとサーフィンについても少し。

今シーズンのレース2戦目

2017-05-13 21:37:27 | サイクリング
ご無沙汰しています。Julieが旅立ってから、ちょっとブログ更新が滞り気味ですが、地道に頑張りますのでよろしくお願いします。


さて、今日は今シーズン2戦目のレースに参戦して来ました。場所は、うちからサンディエゴ方面に車で1時間ちょっと走ったあたりの田舎です。基本的に、バイクのロードレースは、一般の車の通行にあまり邪魔にならない、交通量の少ない場所で開催されます。


それでも、最近は、バイクのレースの許可を取るのが厳しくなって来ているようです。このレースも、当初は4月の半ばに予定されていたのですが、開催の2週間前になっても許可が下りず、日程が今日に変更になりました。そして、今日のレース開始前のアナウンスメントでも、主催者が、「周辺の住民からの苦情が多く、レースを開催するのが難しくなって来ている。来年はどうなるかちょっと分からない。」と言っていました。ただでさえ少ないロードレースの数がどんどん減っていくのは悲しいですが、周辺住民の気持ちも分かるので、ちょっと仕方がないような気がしますね。


私が出場したのは、「45歳以上、カテゴリー4/5」のレースです。このレースでは、1周約23.5kmのコースを3周します。スタートしてから約5kmは、長い下り坂です。約30人の集団がかなりのハイスピードで、この長い下り坂を下ります。そして、その後は、ゆるやかなアップダウンはありますが、ほぼ平坦な道を進みます。そして少し登った後、Uターンして来た道を戻ります。





そして、下って来た坂を今度は登ります。比較的緩やかですが、5kmの長い登り坂です。そして、坂を登り終わった後、スタート地点でUターン。そんな感じでこのコースを3周走ります。コースの勾配は下のような感じです。





このレース、全てが最後の登りで決まります。だから、みんな3周目までは、体力を使わないようにかなり抑え目に走ります。3周目の登りに入る前の直線でポジション取りが始まります。そして、最後の登りが始まり、心拍数が上がって来ます。それでも、最後の1kmまでは、まだ少し余裕がありました。最後の500mを切ると、スプリントが始まり、私は15番手くらい。最後の最後で、力を振り絞り、何とか5人ほど抜き、10位でフィニッシュしました。





去年は、ゴール直前にあった落車に巻き込まれそうになり、先頭集団からは少し遅れてのフィニッシュだったので、少し進歩ですかね。私としては、ほぼ思っていた感じのレース運びが出来たので、まずまず満足です。次回は何んとかトップ5くらいに入りたいですが、どうなることやら。レース自体が無くなるかも知れないし。



さて、Julieが旅立ってから5週間になります。私の中では、そろそろ次女を探したいという気がして来ているのですが、うちの息子2人は、まだ心の準備が出来ていないようです。「次の犬のことなんかまだ考えられない」という心境のようです。これだけは、家族の意見が合わないとダメなので、もう少し時間を置きたいと思います。


私もJulieのことを忘れてしまったわけではありません。いつもこの携帯の待ち受け写真を見て、ニヤニヤしています。





そして今でもJulieの話をよくします。やっぱり、Julieが我々の心の中からいなくなることは、永遠になさそうです。


では。






ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 南カリフォルニア日本人ライ... | トップ | 危ない波乗り、どうしよう... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL