なにわ天下茶屋そば打ち倶楽部

写真付きで倶楽部活動あれこれ

7月の練習会

2017年07月12日 14時52分25秒 | 日記

7月の練習会では、希望者による「文月」を打ちました。

 

 信濃屋そば製粉がアップしている動画では圧力を掛けずに軟らかく捏ねていましたが、私は、更科を打つ時と同様の捏ね方で行いました。でも最終段階の「捏ね」から「菊練り」ではソフトにソフトに行いました。

 

「地延し」の時、縁がヒビ割れてきましたが、指先で麺体の端を抑えながら延し終え、麺棒を使って延しました。

 

使用している切り板は「植田塾そば打ち倶楽部」O島さん作成の切り板でこの日が初使用です。とても切りやすかったです。

加水率は51%を一気加水しました。調整用の予備の水も用意していたのですが使用せず。思ったよりもうまく出来上がりました。

 

練習会風景

 

 

出来上がって6名の方々に試食に提供して貰った蕎麦。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「日本の食文化と麺類の歴史」 | トップ | 粉取り作成 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。