白樺小舎便り(しらかばごやだより)

北信濃の田舎暮らしの日々









明るい兆し

2016年10月16日 21時45分15秒 | 日記

 先ほど、新潟県知事選で市民と野党の統一候補が勝利といううれしいニュースが飛び込んできた。

野党が統一しなければ勝てないほど肥大化したモンスター。

亡霊内閣と名付けたのはいつのことだったろう。それが、ゾンビになってしまった。

闇の世界の中で、かすかな希望の光を灯したのが、市民と野党の共同だった。

わが村でも、現村長が次期出馬しない宣言を出し、新顔として村議が名乗りを上げた。

村長選は、3期連続の無投票。

村会議員選挙も欠員1の無投票だった。

このままでいいのか。閉塞感が村に漂っていた。

村長選に名乗りを上げたのは自民党丸抱えの、72歳の候補者。

この人物は、戦争法の撤回決議に村会議員の中で唯一反対した人物。

無投票で、この人物を尊重にしてしまっていいのか。

何人かの村議や村の有力者たちが目を付けたのは、村議9期の共産党議員。

35年間誠実に村の為に仕事をしてきた。まだ65歳。

この人しかいない。それが多くの人たちの共通認識となった。

そして、村議を辞職して、村長選出馬を表明した。

全国的な大きな流れの一翼を、この村でも担っている。

11月1日告示。6日投票。

世捨て人のように、趣味の世界に埋没して傍観者でいるわけにはいかない。

登山も、落語会も、家庭菜園も、街道歩きも後回しだ。

 

とは言え、今日は前々から頼まれていた近所の樹木の伐採作業。

これは作業前の写真

 

 

 

 

作業途中の写真。

 

 

 

作業後の写真。

午前中に終了。

 

作業後、飯山市のラージというイタリアンの店に慰労の食事会。かみさんに片づけを手伝ってもらった。

 

 

 

 

パスタもデザートも申し分なくおいしかった。

 

この伐採の仕事もひと月ほど前に頼まれ、宿題を抱えている気分だった。

シルバーに頼むと、随分高い値段になるという。

この前の参議院選挙の時に、話をしに行ったついでにその話になったので、片付けも含めて、1万円でやってあげるという話をしておいた。

ご近所でもあるし、選挙のお願いもすることでもあるし、できることはしてあげようと思った。

もちろん、今回も村長選のお願いはしておいた。

 

* * *

福祉棟の地下も空洞だった

軍事棟の地下はびっしり盛り土

   白樺小舎9条の会

 

 

日本を守るってぇことは

わしらの暮らしを 

   守ることじゃあねぇのかい

ミサイルが飛んでくる前に

   滅びちゃうよ  このままじゃ

   白樺小舎9条の会

 

 

ご隠居さん  するってぇと

よその家に喧嘩を吹っ掛ける一味の

仲間になるてぇことかい

戦争法ってぇやつは

    白樺小舎9条の会

 

 

爆弾を抱えたまま生きていく

なんてできない

原発も戦争法も地雷原

     白樺小舎9条の会

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 歴史を逆回転させるのではな... | トップ | 雑草小舎便り »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL