浅草界隈

スカイツリーの営業も順調なようで、
建設中から撮った役目もすでに終わり。
気ままに見たり聞いたり思ったりを綴ります。

エリの窓

2017-06-17 11:45:05 | 日記
子供時代、自宅改築の際『どんな部屋が好い?』と聞かれ
『エリの窓』のような窓が好い。と、希望しました。
水野英子の漫画で
青年に恋心を抱く若い娘の部屋が両開きの窓だったのです。
その西洋風の窓がとても気に入っていた私は
駄目元で父親に言ってみたのです。
漫画家になりたいと、
せっせせっせと漫画を描いていたのを知っていた父は
すんなりと『いいよ』と返事してくれました。
しかし、現実は厳しく、
権限を持っていたのは父ではなく
家を建てる大工さん。
そんな窓にしたら家から浮いちゃうよ!
すぐに飽きがくるから止めなさい!
と言われ、あえなく沈没!
以来両開き窓とは縁のない生活でした。

廊下の突き当たりドアの小窓のガラスが
玄関ドアを開けた時、風でドアが勢い良く閉まり
弾みで小窓のガラスが割れ、玄関ドアまで吹っ飛び
恐い思いをしたことがあります。
すぐドアを閉めたので怪我はありませんでしたが
もし、脚がすくんでしまっていたら
身体にガラスが突き刺さり、大変なことになっていただろうと思い
それ以来、ガラスは入れないで
透明シートを貼った状態になっていました。
家のリメイクにハマっている子供が
次は其所に手を入れようとしています。
『それならエリの窓にして』と注文をつけました。
さて、イメージ通りにしてくれるかしら???
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 堀切菖蒲園 | トップ | アマゾンが買収 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL