goo

F1 マクラーレン エンジン選択は9月までに。

11:12 – McLaren Racing Director Eric Boullier says the operation has until September to decide on its engine partner for 2018, due to the deadlines in designing next year's car.

McLaren reunited with Honda in 2015, the Japanese manufacturer returning after six-year absence from the sport, in a bid to rekindle the dominant partnership of the late 1980s/early 1990s.

However, McLaren has yet to capture its desired results, taking a best race result of fifth, and holds ninth in the standings, amid Honda's struggles with its revised 2017 power unit.

McLaren has criticised Honda on a regular basis this year and sounded out rival manufacturers over a potential 2018 supply, though Honda, also linked with Toro Rosso, has repeatedly reiterated its desire to stay.

On a deadline for finalising its 2018 partner, Boullier said: "Technically you could change an engine in 12 weeks, let's say.

"Then you can change it any time before the [next] season up until, let's say, three months before.

"It's going to be September, if you want to do the base design around an engine – September."

Boullier also emphasised that McLaren has been thoroughly disappointed by its showing across the first 11 races of 2017.

McLaren holds ninth position in the Constructors' Championship, having only demoted Sauber to the foot of the standings at the previous event in Hungary.

"Well, obviously, we finished the last year sixth, and we can't be happy with where we are with the situation, the reliability, and performance," Boullier explained.

 

 

↓      ↓          ↓

誤訳はご容赦を。

スマホ版は 改行がうまくいってないのでPCで見てね

 

11:12

 McLaren Racing Director Eric Boullier  says

マクラーレンのレーシングデイレクター エリック ブーリエは(以下の事を)語った

     the operation has until September to decide        on its engine partner for 2018

           このオペレーションは9月までに決定する必要がある 2018年のエンジン パートナーに関しての。

                              ,due to the deadlines  in designing next year's car.

                 翌年のデザインの締め切り期限のためだ。

 

 

 

 

 



McLaren reunited with Honda     in 2015,

マクラーレンは ホンダと再び組んだ   2015年に。

 

 

the Japanese manufacturer  returning

この日本の(自動車)メーカーは 戻ってきたのだ

                   after six-year absence  from the sport,

                   このスポーツを6年休止した後に。

    in a bid to rekindle the dominant partnership  of the late 1980s/early 1990s.

    80年代の後半から90年代の前半に(選手権を)支配したパートナーシップを

                                再現させるために。

 

 

 

 



However,

しかしながら

McLaren has yet to capture its desired results

マクラーレンは いまだ 望んだ結果をつかんでおらず

            ,taking a best race result of fifth,

           (5位の レースでの最高結果は出したが)

     and

     そして 

     holds ninth in the standings

    ランキング 9位に留まっている

    , amid Honda's struggles with its revised 2017 power unit.

     HONDAが 改訂した2017年のPUに格闘している(状況の)なかで。

 

 

 

 



McLaren has criticised Honda on a regular basis this year

マクラーレンは 今年は常に HONDAを批判してきた

      and

     そして

     sounded out rival manufacturers over a potential 2018 supply,

    ライバル メーカーとの2018年の供給の可能性も 聞こえてきた。

 

 

 though

しかしながら

Honda

ホンダは

, also linked with Toro Rosso,

(トロロッソともまた 関係を持っているが)

        has repeatedly reiterated its desire to stay.

        (F1に)留まる意思をくりかえしてきた。

 

 

 



On a deadline for finalising its 2018 partner,

2018年のパートナーを確定するための期限に関して 

                    Boullier said

                    ブーリエは語った。

 

: "Technically you could change an engine in 12 weeks, let's say.

 技術的には  12週間内ならエンジンの変更はできるよ  まあ言ってみればね。  

 



"Then

それに 

you can change it any time   before the [next] season up until,

いつでも変更は可能だよ     (次の)シーズンが始まる前まではね。

 let's say,

まあ

 three months before.

3か月前だね。

 

 


 

"It's going to be September,

9月になるだろうね

 if you want to do the base design  around an engine

エンジン回りの 基本デザインを するならね。

– September."

そう 9月だよ。

 

 

 



Boullier also emphasised

ブーリエは(that以下の事も)合わせて 強調した

          that McLaren has been thoroughly disappointed

             マクラーレンは つくづく失望してきたよ

                    by its showing across the first 11 races of 2017.

                    2017年の最初の11レースを 見せられてね。

 

 

 

 



McLaren holds ninth position       in the Constructors' Championship

マクラーレンは 9位にとどまっている    コンストラクター選手権に於いて。

 ,having only demoted Sauber to the foot of the standings

                              at the previous event in Hungary.

                              この前のハンガリーのイベントにおいて

ザウバーのみ ランキングで 自らの足元に降格させたので。

 

 

 

 



"Well,

そうだね

obviously,

確かに

we finished the last year sixth,

我々は 去年は 6位で終えた

and

でも

we can't be happy

我々はハッピーでは 居られなかったよ

          with where we are with the situation,

                我々の いる 状況や

                      the reliability,

                       信頼性

                       and

                       そして

                      performance,"

                       性能   ではね。

 

 

                         Boullier explained.

                         と ブーリエは説明した。

 

 

 



 

 

 

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« F1 バンドーン... All preparati... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。