そば実践 素庵覚え書き

庵主のホビーライフをそば打ち・そば屋さん・出前サロン・陶芸・釣りなどを通してご紹介します。

そば打ち一代  蕎亭 大黒屋見聞録

2017-07-31 | 蕎麦の書籍

一昨日お伺いしておそばを頂き、店主さんご夫婦といろいろお話させていただいた浅草のお蕎麦屋さん「蕎亭 大黒屋」をテーマにした本を銀座の「蔦屋」で見つけました。正直なところ、大黒屋さんへは2度目の訪問であり、事前の知識としては、そばWebの片山さんの「おすすめの十割そば」情報=十割そばのみであることや、十台余りの石臼で手挽きでの製粉であること=をもとに行ったのが一昨年で、その時には「せいろ」を頼んでそれなりにショックを受けていましたが、大黒屋さんのお店や店主さんについては、何ら知識がありませんでした。
今回、蕎聖と言われる片倉康雄の意見を聞いて修行したことや、片倉の次男のお店で修業したこと、東京から山梨~広島へ移った達磨の高橋邦弘とほぼ同期であることなど修行中の話をいろいろ聞かせていただき、お店なりのことが判りましたが、丁度この「そば打ち一代 蕎亭 大黒屋見聞録」を読んでより詳しい大黒屋さんのお店のことやご夫婦のこと、在来種を中心にしたお蕎麦の自家製粉の話、下呂の仲佐、妙高のこそば亭との交流などそばにかける情熱が大変判りやすく書かれています。

 

この本の構成は、無論本人さんからの取材が中心ですが、参考とされた書籍は50冊くらいのタイトルが書かれていました。その中の30冊ほどの本は自分が読んだことがありましたので、忘れかけていた内容が不思議によみがえり、自分のそばに関する知識の総棚卸の役目もすることとなりました。

繰り返しになりますが、一昨日に訪問したお蕎麦屋さんの本が初めて訪問した本屋さんでたまたま見つけたことに因縁を感じたところで、当然大黒屋さんをより身近に感じることとなりました。
大黒屋さんのお蕎麦の感想等は、3日前のブログをご覧ください。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ふくいそば夏祭り | トップ | 今週の陶芸 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

蕎麦の書籍」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL