『陽当たりまぁまぁ』

事実に惹かれ、事実に学ぶ

「何で調べる?」

2012年04月29日 | ズレズレ草

金曜日の夕方、大きめの国語辞典を買いに息子らと本屋に行った。

家にあるのはコンパクトサイズのと長男に買ってあげたやつの2冊。

コンパクトサイズの方はコンパクトすぎて行方不明になってる。

長男のは小学校低学年の時に買ったやつなのれ、載ってない言葉もよくあった。

おまけに次男は言葉の説明をしても、

「ううん、違うよ!」(・・・オメ~さん、7才じゃろう?)

もうこれは大きな国語辞典の買い時だと思ったのさ~。

 「ホラ、ここにこう書いてあるじゃん!」って言えるような。

 

ところがいざ本屋に行ってみたら国語辞典にも色々あって、

どれにしようか

そうだ!ある言葉を決めて比較すればいいんだ!

でもどの言葉で比較しようか

候補は2~3挙がったけど、マゾヒズムで比較することにした。

最近息子らと『S』と『M』について話してたんで。

ある国語辞典では、

「相手から肉体的、精神的な苦痛を受けることに快感を覚える異常な・・・」ってある。

(『異常』って表現がやだなぁ。この国語辞典はパス。)

他の国語辞典では、「異性から・・・」で始まってて、

(『異性』とは限らんやろ。この国語辞典もパス。)

これにしようかなと思った国語辞典にはなぜかまたぎが載ってなくて、

(アカンやん!載せな。これもパス。)

選別に結構な時間がかかって外はもう真っ暗。 「ママまだ~?」

結局、ツイッターって言葉も載ってるやつに決めた。

考えに考えて決めたから、これでえ~ねん

ジャンル:
我が家
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「え~もんはえ~もん」 | トップ | 「結果待ち」 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ちゃー)
2012-05-04 21:21:53
わかる、わかる。国語辞典の定義でその編者のレベルがわかる、世界観がわかる、常識がわかる、偏見がわかる、下心がみえる。やたらに「異常な」という形容詞が使ってある項目があって、それが自分に当てはまったりすると、ええかげんにしや~よ!と思ってしまう。まあ、異常と言われるということは自分自身は嫌ではないけど、同じカテゴリーの他の人は多分異常と言われたくないと思うしね。「異常」より「非平均範囲」ぐらいにしといてくれるといいのにね。だって、どうせ「平均的」かそうじゃないかの問題で、異常みたいに「内在的悪」を示唆するような表現はほんと止めて欲しいよね。
そうなのよ。 (わてどすえ~っ)
2012-05-06 19:36:04
そ~ゆ~国語辞典は売れ残ってしまえ~っ

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

ズレズレ草」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。