なんでも内科診療日誌

とりあえず何でも診ている内科の診療記録

幽門狭窄

2017年06月30日 | Weblog

 昨日は料理店でちょっとした集まりがあった。消化器科に2名の入院があったので、消化器科の先生は遅れて来るとは思っていた。「真面目だからなあ」という話が出ていたが、結局2時間近く遅れて来た。

 入院のひとりは60歳半ばの男性の幽門狭窄だった。1か月前から、食べるとずっと心窩部にたまっていて嘔吐するという。体重が7Kg減少して、軽度だが脱水症からの腎前性腎不全を呈している。CEAは正常域で、CA19-9が3000と上昇していた。よく1か月も受診しなかったものだ。

 CTで見ると、幽門前庭部に全周性の不整腫瘤があって、まず胃癌と判断される。胃内の食物貯留が多く、嘔吐を誘発するので、すぐには内視鏡検査をし難い。NGチューブで引いても詰まってしまう。数日絶食で点滴をしてからの内視鏡検査になるが、状況は同じかもしれない。点滴で脱水症の治療をして腎機能が正常化したら、造影CTで確認する予定になった。

 放射線科の読影でリンパ節転移も指摘されて、腹部エコーでも認められた。「癌性腹膜炎でないといいが」と言っていた。バイパス術のみになる可能性もあるので、年齢的には専門病院へ紹介したい。最近は幽門狭窄を見ることはかなり少ないと思う。「ピロステ」という言い方を久しぶりに聞いた。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 利尿薬大量投与 | トップ | 慢性好酸球性肺炎の疑い »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事