なんでも内科診療日誌

とりあえず何でも診ている内科の診療記録

ふつうに肺炎でした

2016年10月11日 | Weblog

 34歳女性が昨日(祝日)の早朝に発熱で受診した。咳は若干ある。当直医が感冒薬・解熱薬を処方した。その日に日中に食欲がないと、再受診した。日直をしていたので診察したが、胸部聴診上は異常なかった。食欲不振と倦怠感を(小声で)訴えた。点滴をして、調子が悪い時は平日再受診としていた。

 午前中に外来をしていると、救急当番の外科医から昨日受診した女性が救急搬送されて、発熱の原因がわからないので、診てほしいと連絡がきた。消化器科の胃瘻造設を手伝ったり、施設入所の女性が発熱で受診したりしていたので、画面で胸部X線をざっとみたが、若干汚い気もするがはっきりしないと思った。咳・痰は出ているという。白血球数正常域で、CRPは2だった。尿路感染らしくもない。

 他のことをしながら、入院になるので胸腹部CTを撮っておくことにした。放射線科に画像を見に行くと、放射線技師さんに「肺炎ですね」とあっさり言われた。確かに左肺に小葉中心性に斑状影が散在していて、誰が見てもわかる陰影だった。右肺にもある。気管支壁が少し肥厚しているように見える。白血球数が正常域ということもあり、マイコプラズマ肺炎疑いだった(迅速試験は肺炎球菌もマイコプラズマも陰性)。

 ちゃんと落ち着いて胸部X線を見ると、ふつうに肺炎だった。入院治療で経過をみることにした。通院している精神科病院の処方が来週でなくなるので、早期退院を希望していた。お薬手帳を見せてもらうと、抗精神薬・抗うつ薬・精神安定薬・睡眠薬と、なかなかの処方だった。

 救急当番の外科医に、肺炎で入院の報告をすると、「肺炎!」と驚いていた。まあこちらも胸部CT経由での診断なので、胸部X線ではわかりにくいことにしておいた。症状は咳・痰・発熱で、胸部X線に陰影があるのでふつうに肺炎なのだった。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「Dr.長尾の胸部X線ルネッサ... | トップ | 先生、患者さんの足が腫れてます »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL