なんでも内科診療日誌

とりあえず何でも診ている内科の診療記録

十二指腸水平脚まで見える?

2017年04月20日 | Weblog

 2週間前に糖尿病で外来通院している80歳代前半男性が、発熱と咳・痰(血痰も)で受診した。胸部X線・CTで両側肺炎を認めて入院した。心房細動で内服しているDOACを一時的に休止した。喀痰の抗酸菌塗抹は陰性だった。発症して1週間以内で急性の経過だった。

 広範な陰影で、珍しく抗菌薬2種を併用してなんとか肺炎は治癒した。肺胞出血も考えたが、違うようだ。血糖コントロールが悪化していたので、BOTからインスリン強化療法に切り替えて糖尿病の治療調整も行った。

 今回Hb7g/dl台と小球性貧血(鉄欠乏性)もあった。その目でみると、前回整形外科に入院した時から少しずつ貧血が出ていた。慢性的な消化管出血によると思われるが、肺炎の治療中はそれどころではない。肺炎軽快後に消化管精査としていた。

 肺炎を診るCTは、胸腹部CTで行っていた。胃・大腸に明らかな腫瘤性病変は指摘できない。自分では気づかなかったが、放射線科の読影レポートで十二指腸水平脚に腫瘤(GIST疑い)とあった。

 肺炎治癒で退院として、消化管精査は外来で行うことにする予定だった。今日消化器科医に相談すると、まず上部消化管内視鏡で見えるかどうかわからないが、まず入院中にやってから方針を決めることになった。無症状だが、総胆管結石もある(胆嚢結石も)。手伝いに来てもらっている消化器センターのある専門病院に紹介かなということだった。

 今日は消化器病学会に来ている。幕内雅敏先生が招聘講演で肝移植の話をされた。幕内先生の出された超音波ガイドの本を買ったことがある。昔はPTCDもやっていたが、今はもう自分ではやらない。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 食物が詰まっていた | トップ | カンピロバクター腸炎 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
その先生 (シロート)
2017-04-20 19:41:54
今の施設に移られた後
NHKの『プロフェッショナル』に出演され
大腸からの転移性肝癌の症例で
100個以上ある腫瘍を切除すると言われ
術場で『100個め~っ!』と言いつつ
切除した腫瘍を背中越しに
カメラの方に放り投げられるような
立派な方ですよね
その先生 (シロート)
2017-04-20 19:42:48
今の施設に移られた後
NHKの『プロフェッショナル』に出演され
大腸からの転移性肝癌の症例で
100個以上ある腫瘍を切除すると言われ
術場で『100個め~っ!』と言いつつ
切除した腫瘍を背中越しに
カメラの方に放り投げられるような
立派な方ですよね

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL