なんでも内科診療日誌

とりあえず何でも診ている内科の診療記録

パニック発作か

2017年09月20日 | Weblog

 救急当番の整形外科医から連絡が来た。隣の隣の町の救急隊から、動悸を訴えている59歳女性の受け入れ要請があるという。一番近い地域の基幹病院と循環器科のある私立病院で受け入れできないので、当院に依頼してきたのだった。心電図モニター上は洞性頻脈のみだという。意識は清明でバイタルは問題ない。精神的なものかなと思って、当院に搬入してもらうことにした。

 5年前に動悸と呼吸困難感があって、15~20分くらい続いて治まったらしい。近くのクリニックを受診したそうだが、治療内容はわからない。その後も時々あったようだ。2年前に夜間に同様の症状が出現して、地域の基幹病院を受診した。さすがに外来で心臓の精査(心カテ以外)が行われたが、異常はなかった。

 月に1回くらい短い同様の症状が起こるが、短時間で治まるので受診はしていなかった。今日は15分くらい続いて、いったん治まりかけたが、またちょっとぶり返したので救急要請した。

 救急隊到着時は治まっていて、洞性頻脈のみという話になった。頻拍発作も可能性はあるが、症状があると、そのまま死ぬんじゃないかとか、このままどうにかなってしまうのではないかという恐怖感も伴うらしい。それで外出を控えるということはない。

 パニック発作のようだと思ったが、年齢が年齢なので、一通り検査を行った。甲状腺機能を含めて異常はなかった。いつものアタラックスP1Aを点滴静注して少し休んでもらうと、すっかり落ち着いていた。

 頻拍発作はやはり否定はできないが、パニック発作として、とりあえず発作時の安定剤頓用(アルプラゾラム)で経過をみてもらうことにした。この地域はかかりやすい精神科クリニックがない。頻回に起きる時は、居住地から近い精神科クリニックを受診してもらうことにした。付いてきた夫に、ネットで調べてみてよ、と言っていたのが、今時だと思った。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« リウマチ性多発筋痛症? | トップ | 糖尿病の講演会~糖尿病医に... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事