なんでも内科診療日誌

とりあえず何でも診ている内科の診療記録

胸部大動脈瘤・大動脈解離

2016年11月20日 | Weblog

 金曜日の夕方に、83歳女性が前々日から続く上腹部痛で受診した。圧痛があるようなないようなではっきりしない。食事は普通にとっていた。神経内科外来に3年前の脳梗塞後遺症で通院していた。入院サマリーには右半身麻痺と失語症とあったが、何とか会話は可能だった。喘息としてホクナリンテープも処方されていた。2年前に急性心不全で循環器科に入院していた。発作性心房細動・大動脈弁閉鎖不全症・うっ血性心不全として、抗凝固薬・利尿薬・強心薬などが処方されていた。

 微熱のもあった。胸部聴診上、呼吸音は正常だが、脈は不整だった。心電図では頻脈性心房細動になっている。胆嚢結石もある。血液検査では炎症反応上昇と凝固異常(FDP・Dダイマー上昇)があった。ざっと胸腹部(単純)CTをみると、以前からあった胸部大動脈瘤が拡大していた。CTによる胸部大動脈瘤のフォローは3年前が最後になっていた(径47mm)。単純CTで、大動脈瘤内の内腔の濃度がもやもやしている印象があった。喘息の既往があり、ステロイドを使用して造影CTを追加すると、胸部大動脈瘤内から腹部にかけて大動脈解離をきたしていた。 

 心臓血管センターのある専門病院に連絡すると、受けてくれた。介助で椅子生活というADLで、抗凝固薬内服・喘息(心臓喘息かとも思ったが、気管支喘息らしい)もあって何だか申し訳ないが、診てもらうしかない。さっそく救急搬送した。この前同じ病院に大動脈解離の患者さんを救急搬送したが、大動脈ステントを挿入して病状が安定したと報告が来ていた。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 扁桃が気になる | トップ | 骨折で内科入院 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL