なんでも内科診療日誌

とりあえず何でも診ている内科の診療記録

急性肺血栓塞栓症

2017年01月25日 | Weblog

 週初めに内科の若い先生が経験した80歳代前半女性の急性肺血栓塞栓症。呼吸苦(呼吸困難)で救急搬入された。両側の肺動脈が詰まっていて相当酸素飽和度が低下しているかと思ったが、室内気での80%台から酸素2L/分で90数%に上がったそうだ。

 循環器科(ひとり循環器)の先生の話では、血栓の詰まった中枢側の脇から血流が末梢に流れているので、急死を免れたのでは、ということだった。確かに末梢側に血流がある。下肢の深部静脈血栓症があり、そちらの処置も必要になるそうだ。心臓血管センターのある専門病院に救急搬送となった。

 いい画像(教育的?)だと思ったので、記録させてもらった。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« サイエンス漢方の講演会 | トップ | 帰りに滑って転倒 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL