【旧】Re-urbanization 〜大阪再都市化〜【移転しました!】

FC2ブログに移転しました。移転先→ http://saitoshika.blog119.fc2.com/

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

【重要】移転リニューアルしました!

2010年12月16日 | INFORMATION

これまで利用してきた、このgooブログですが・・・

1、カテゴリ数が30までしか設置出来ない
2、
gooブログでは利用出来ないブログパーツが多い
3、ほとんどカスタマイズできない

など理由から・・・

FC2ブログに移転リニューアル致しました!
 
 
 

※なお、移転リニューアルに伴い旧館のコメント受付を終了させて頂きました。


 ※リニューアルしたRe-urbanization 〜大阪再都市化〜(FC2)はこんな感じになっています。

 

 

 

■新ページは主に以下の3点が改善されユーザビリティが向上しました。

 1、カテゴリ-をツリー型に表示し、ブロック別、都市別に分類しました。
2、コメント欄もツリー型表示に変更、これも見やすくなったと思います。
3、ブログ内検索BOXを設置、キーワードで関連記事を絞り込めます。

その他にも、アンケート企画などgooブログでは出来なかった事を企画して行きたいと思います。
だた、引っ越しした記事数が800以上もあり、ブログ内リンク、主に過去記事に対するリンクの張り直しが
間に合っていません。これからコツコツと修正して行きますので宜しくお願いしますm(_ _)m

 

 

読者の皆様には大変お手数をおかけしますが、

新ページを再度ブックマーク
して頂きます様、宜しくお願い致しますm(_ _)m
このページは旧館として、
暫く
このままにしておきます。

 

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

アデニウムタワー萬代橋

2010年12月16日 | 16: 金沢/富山/新潟

アデニウムタワー萬代橋は、新潟市のランドマークである萬代橋を臨む信濃川沿いに建設されたタワーマンションです。

 

 

 

【スペック】
名称:アデニウムタワー萬代橋
規模:地上24階、地下1階
高さ:85.24m
総戸数:140戸
敷地面積:1,816.36m2
建築面積:874.31m2
延床面積:16,358.82m2

 

 

アデニウムタワー萬代橋の目の前にある河岸公園から見た萬代橋です。

 

 

 

 

萬代橋の近くまできました。

 

 

 

 

萬代橋は、全長306.9m、幅21.9m、6つのアーチを連ねる鉄筋コンクリート橋で、側面には御影石の化粧板が施されています。1929年に竣工した現橋梁(3代目)は2004年7月、国道の橋梁としては日本全国で2例目となる、国の重要文化財に指定されました。

 

 

 

 

萬代橋から見たアデニウムタワー萬代橋(写真右)です。左側のマンションはアーバンプレイス萬代橋(地上19階、高さ66.66m)です。

 

 

 

最後はNEXT21の展望室から見たアデニウムタワー萬代橋です。


この記事をはてなブックマークに追加

阪急阪神HD社長、新阪急ビル「13年にも解体着手」

2010年12月15日 | 2: 梅田

※2010.12.17-FC2ブログに移転リニューアルしました!

移転先はこちら:
→Re-urbanization 〜大阪再都市化〜(FC2)

http://saitoshika.blog119.fc2.com/

 

 

 


2010.12.14の日経新聞web版によると、以前報道があった新阪急ビルの建替えについて、阪急阪神ホールディングスの角和夫社長が「2013年にも解体工事に入りたい」との考えを示した、との事です。かなり前に建替え計画が報じられてから長らく音沙汰が無かったので「凍結されたかな?」と半ばあきらめていましたが、今回の続報で「まだ動いている」事が確認できました。

※香里園の住民さんに情報を頂きました。ありがとうございました!

 

 

新阪急ビルと一体的に建替えされる大阪神ビル(写真左)

 

記事の内容を纏めると・・・

1、阪神百貨店が入る「大阪神ビル」と一体的に建替える
2、低層階に商業施設、高層階にオフィス
3、容積率の拡大に向けて現在、大阪市と協議を進めている
4、早ければ2011年にマスタープランを策定したい
5、2013年にも新阪急ビルの解体工事に入りたい

といった感じでしょうか。注目すべき点は大阪神ビルと一体的に建替える、でしょうか。来年度にマスタープランが発表になりそうなので、また1つ楽しなプロジェクトが増えましたね。

コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

JR神戸線の六甲道・灘間に新駅「まや駅」設置 

2010年12月15日 | 11: 神戸

JR西日本から、また新駅設置の発表がありました。場所はかねてから新駅が噂されていた灘駅と六甲道の間で、駅施設は近年、JR西日本が設置しまくっている8両編成対応の島式1面2線です。JR神戸・京都線の路線配置が方向別複々線となっており、島式の新駅設置が比較的容易な事も要因だと思います。また、計画地の南北にはかなりの広さの遊休地があり三井不動産レジデンシャルが新駅と直結したマンション(約730戸)を建設するそうです。こちらも計画概要が楽しみですね。タワーマンションだと嬉しいですが、敷地が結構広いので普通のマンションかもしれませんね。

※茨木市民さんに情報を頂きました。ありがとうございました!

 


JR神戸線(東海道本線)六甲道・灘間新駅設置について
【公式発表】→JR西日本プレスリリース

平成22年12月14日、六甲道・灘間の新駅設置について、近畿運輸局長に対し、鉄道事業法に基づく事業基本計画の変更認可申請を行ないました。今回設置する新駅は、当該地域にお住まいの皆様の利便性向上のみならず、周辺開発による居住の促進、さらには列車折返設備新設による安定輸送の向上など、JR神戸線の線区価値向上に繋げたいと考えております。

 

 

 


 

六甲道-灘間の新駅「まや駅」 JR西が設置発表
【記事引用元】→神戸新聞web版 2010.12.14

JR西日本は14日、神戸市灘区のJR神戸線六甲道‐灘間に新駅「まや駅(仮称)」を設置すると正式に発表した。開業予定は2016年春で、総事業費は約40億円。駅の西側には折り返し運転ができる「わたり線」も新設し、ダイヤが乱れた際の影響を抑制する。駅の位置は、灘駅から約900メートル東の灘区灘南通5。線路上に改札口がある橋上駅で、エレベーターとエスカレーターを1基ずつ設ける。乗降客は年間1万4千〜2万人程度を見込む。新設するわたり線は、上り電車が「まや駅」で折り返して下り線に入るための線路。現在、西明石‐大阪間にわたり線はなく、この区間の上り線で電車が運転を 見合わせると、姫路方面からの上り電車はすべて西明石止まりになっていた。今回のわたり線設置により、「まや駅」から東の上り線でトラブルがあっても折り 返せるため、西明石‐三ノ宮間の運行は確保できるという。駅の南北の遊休地には、駅と直結したマンション(約730戸)を三井不動産レジデンシャル(東京)と共同で建設するほか、北側に駅前広場を整備する。工事は来年度から始まる予定。

 

 

 

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

柏原駅 (大阪府)

2010年12月14日 | 22: 駅改良/高架化
柏原駅(かしわらえき)は、大阪府柏原市ある駅でJR大和路線と近鉄道明寺線が乗り入れています。1日あたりの乗降客数は、JRが21,918人・近鉄が6,148人です。2008年度に橋上駅舎に改築されました。

 

 

 

 

 

駅の改良工事に合わせて駅前再開発も行われました。こちらは再開発により建設されたアゼリア柏原。公共棟と住居棟に分かれており、施設は5階・6階の市民プラザのほか、1階にスーパーマーケット「サンプラザ」、2階に美 容室、3階に銀行、調剤薬局、FMラジオのサテライトスタジオ、4階にクリニックモールとして診療所があります。柏原駅とはペデストリアンデッキで直結されています。

 

 

 

続いて駅を見てみましょう。まず駅前ロータリーから橋上駅舎に上がる階段とエスカレータの様子です。

 

 

 

高低差が大きくなる橋上駅舎にはエスカレータ、エレベータは必須アイテムです。ただ、上り方向だけではなく、下り方向のエスカレータも整備して欲しい所です。

 

 

 

東西自由通路の様子です。

 

 

 

改札口の様子です。自動改札はバー付きの旧型が5通路でした。

 

 

 

ホームの様子です。上屋を支える鉄骨の一部が無塗装で薄らと赤錆を浮かべていました。これは橋脚に見られる無塗装の耐候性鋼(たいこうせいこう)だと思います。メンテナンスフリーを狙って採用されたのでしょうか。素材としてのパフォーマンスは高いと思いますが、人目につく駅の上屋に使われているのを見たのは初めてです。

 

 

 

最後は真新しい橋上駅舎とホームの様子です。大和路線は駅舎の橋上駅舎化が盛んに行われていて、近年、久宝寺、柏原、法隆寺、大和小泉、大和郡山、木津駅が立て続けに橋上駅舎化されました。

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加