空をみるひと

そらをみながら あるいていこう なんでもない ひとであろう …日々や旅、街や自然、季節や未来をみつめるBLOGです

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

Neem? 曼荼羅石鹸房さん ネパール 9.11

2004-11-12 | Go Light 簡素で美しい生活
Neem?

ニーム。
和名:インドセンダン。
アーユルヴェーダでは有名なハーブ。

そんなNeemをふんだんに配合したソープを、滋賀の曼荼羅石鹸房さんが作ったと知って、早速譲って頂いた。

***

(曼荼羅さんのページより引用させて頂きます)

インドの薬草「NEEM(ニーム)」は、樹皮、種子、実、葉な全ての部分に薬効があるとされ神秘の木として知られ、「村の薬局」と呼ばれています。アーユルヴェーダ療法には欠かせない植物で、インダス文明の頃の文献にもニームの効果について書かれているほど、とても古い時代より、人間に恩恵をもたらす植物として知られています。
ブッダは、ニームの樹下で瞑想をしていたといわれています。

防腐殺菌性(種子・葉)によりダニ、ウイルスやバクテリア、水虫、ニキビなどの毒素を消す抗真菌作用や抗炎症作用や抗アレルギー作用や乾燥から身を守る効果から、皮膚疾患にも効果が高いハーブです。その他には、糖尿病・マラリア・肝機能障害などの予防や解毒・生理不順・リウマチ・滋養強壮など・・・。

防虫効果に非常に優れているので、最近ではニームを使ったオーガニック農法もさかんです。

***

飛びついたのには訳がある。

2001年の9月(11日を含む)、ネパールに行っていた。
その時に雑貨屋でたまたま買った石鹸がNeemの。
使ってみたら、イイんだな、これが。
サッパリ・スッキリ。
で、みずみずしさが持続するような。

Neemって聞いたことなかったし、それ以降もあまり聞かなかった。
あの感じはNeemによるものだったのか?石鹸自体の問題だったのか?
気になってた。

で、曼荼羅さん。

発売日の朝にオーダーを入れ、楽しみに待った。

で、使ってます。

で、どう?

・ ・ ・ 「 と っ て も イ イ ! ! ! 」

コックリとしたきめ細かい泡…さっぱりとした使用感ながら…しっとりと落ち着く感じ…
髪に使っても調子いい。

お気に入りが増えました。

使用後はよく水気を切って、大切に使おう…。

---
お使いの方はご存知かと思うけど、
自然原料の手作り石鹸は天然グリセリンを多く含む。
グリセリンは空気中の水分を集める(…だから化粧品には乳化剤であると同時に保湿剤としても重宝される)から、湿った浴室に置きっ放しにしておくと、石鹸がヌターッとしてくるのだ。
因みに、石鹸置きの下にはお皿を敷いておくと、垂れた液状の成分も捨てずに済みます。

自然派石鹸は、合成界面活性剤に比べて、生分解性で優れる一方、原料は贅沢に使ってる。
今後も、“自然派びいき”で行きたい僕は、石鹸をありがたく無駄にせずに使いたい、と思う。
---

9.11はポカラ空港の待合ロビーで知った。
(…とはいえ、僕は、9.11ばかりを特別な日のように扱うのには、大反対なんだけど…)
事件直後のBBCニュースには、しきりにアラファトさんが映ってたのを思い出す。
あれから3年。

カトマンズに戻ってから訪ねたチベット仏教寺院ボダナートの「眼」が忘れられない。

生きているかのような、ボダナートさん。
全てを見通すその眼で、今の世界をどう観ていらっしゃいますか?
そして、僕は、どう見たらいい!?
ボダナートさんは答えなかった。

…今も、その答えは見つからないままだ…
ジャンル:
ウェブログ
コメント (5)   トラックバック (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 神無月2004 サブタイトルか... | トップ | 立冬 マイ歳時記:冬のそなえ »
最近の画像もっと見る

5 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
要チェック  (miho)
2004-11-12 20:56:38
こんにちは。

Neem は いったい どんなにおいなんだろう。

新しい石鹸と会うのって、とても嬉しいですよね。



ちなみに

わたしは LUSHのえん という石鹸を使っています。

わたしは、石鹸選びの楽しみが、

モノ選びを考える きっかけになりました。

じぶんとものとの関係 が

ずっとよくなったと 思います。

Kuuさんも もの との関係がよさそうだなあと

思ってます。



Neem 探してみよう。いつも ありがとう。

LUSH えん ソープ (kuu)
2004-11-12 22:11:08
mihoさん、こんばんは。



Neemの香りは、ハーバルな落ち着きのある感じかな。



「えん」、早速チェックしました。

「フレグラント」ソープだそうで。

すごい色…。

新宿に行ったら伊勢丹を覗いて、嗅いでみようかな。

「LUSH」は、“新鮮・手作り・安全・愉快がモットー”とのこと。

「愉快」ってところが気に入りました。

スモールビジネスが楽しく成長したひとつの例なのかな。



貴重な情報を、ありがとう。

これからもたまには覗いて、足跡つけていって下さいね。



東京の水を美味しく飲めるようにするために、“排水を汚さない”という観点で、いろんな洗剤をリサーチ中。

浴用・シャンプー、洗濯・掃除・台所、靴みがき…。

今後もいろいろこのBlogで紹介したいと思ってます。



*ところで、mihoさん、このBlogで面白かった記事って何ですか?
LUSH えん … すごい香り! (kuu)
2004-11-14 20:34:59
mihoさん、こんばんは。

土曜日に新宿伊勢丹へ。

1Fコスメのフロアでなく、B2Fにあるんだな。

アピール上手なお店。

フレッシュなパックが売ってたり、タイムサービスのように入浴剤の実演があったり、“八百屋”のようなお店。

量り売りというのもいいなあ。

「えん」、試しに買ってみた。

すごい香り!

どんな気分がするかな?
すごい。 (miho)
2004-11-15 21:46:28
KUUさんの行動力って すごい。

ずっと思っていたけれど、、、

改めて びっくりしました。

えん の におい は どうですか?

わたしは えんがそろそろ なくなりそうなので

これから Neem 探してみよう という

ところです。



わたしが一番 こころに残っている記事は、

生態地域主議 のはなしです。

面白くて 心強い かった。

まるで 人の立場から みていなくて。

わたしたちは、自然のなかで

自然と 一緒に 生きていること

普段は 忘れてしまうことが多いから、

嬉しかったです。

あと,

Fanky も よく覚えています。



これからも 楽しみにしてます。





















におい 記事 (kuu)
2004-11-20 14:46:16
mihoさん、コメントありがとう。



こないだは、レスターブラウン氏の話(いつか記事にする予定)を聞きに行った帰り途、ついでに新宿に寄りました。



行動力?それほどでもないんです、ホント。

好きなことはやるんだけど、

部屋はしばらく散らかってたりするんですから。



---



「えん」の香り?…すごい。女性的ですよね。

“狂おしく危険で邪悪な香り”と銘打ってるのに納得。

香料入りかあ。

白人女性でよくああいう香りのヒトいますよね。

僕は最近、静けさを求めているので、穏やかな香りが好き。

いや、香り、というものを、特に求めてないんだな、と改めて気付きました。



---

昔、使ってたフレグランスは、Kenzoだったなあ。

Kenzo Homme と L'eau Par Kenzo 。

いずれも東洋的な静けさ・優しさのある香り…。

今でも好きかも。

---



記事:

バイオリージョンの話は、大作(?)になっちゃいました。

Funkyの話は、持論を言葉におとしたもの。



共に、「リアリティ」ってのがキーかなあ。



「環境問題は他人事ではない。」

…それは、自分の人生が他人事でないのと、同じことだと捉えるようになってます。



環境問題は、教養ではない。強要でもない。

心にグッときた人が行動を起こすもの。



なんてね。



まずは 自然の美しさを味わうことから。



---



本人としては、もっと軽やかに書いていきたいと、思っているところです。



これからも、どうぞよろしく。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

2 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
Unknown (Neem-ニーム(インドセンダン) 【国連も認めたミラクルツリー】)
ニームの石けんはいいようです (Neem-ニーム(インドセンダン) 【国連も認めたミラクルツリー】)
ニームの石けんを使われた方のブログを見つけました。なかなか良いみたいです。