三世の四季

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

四季折々の詩(句)を紹介/新・人間革命

〈小説「新・人間革命」〉 

2017年12月14日 05時28分56秒 | 今日の俳句
勝ち鬨 七  法悟空 内田健一郎 画 (6248)


 正信会の僧たちは、相次いで宗門から擯斥されていった。
 彼らは、広宣流布を口にしながら、ひたすら広布を進めてきた学会を「謗法」と断じ、尊い仏子である学会員を苛め抜き、僧俗和合を破壊してきた。そして結局は、滔々たる広宣流布の大河の流れから離れ、嫉妬と瞋恚の修羅の濁流に沈み去っていくのである。
 宗門側は、最終的に百八十人を上回る正信会の僧を、擯斥処分していくことになる。また、裁判所に、正信会住職に対する「建物明渡請求」を行うなど、法廷でも長期にわたる争いが続いていった。
 この間、学会は、一貫して宗門を外護し、興隆のために最大に力を注いでいった。
 擯斥処分され、追い詰められた正信会は、宗門攻撃を重ねるとともに、学会への誹謗中傷を執拗に続けた。
 しかし、学会員には、“日蓮大聖人の御遺命のままに、死身弘法の誠を尽くして、現実に広宣流布を推進してきたのは創価学会の師弟しかない。御聖訓に照らして正邪は明白である”との、強い不動の確信が育っていた。
 そして、山本伸一が自ら矢面に立つことも辞さず、会員を守るために反転攻勢を開始し、国内を、世界を駆け回る姿に、共に立とうとの決意を新たにしていったのである。
 いかに深き闇に覆われ、嵐が吹き荒れようとも、師子が敢然と立ち上がる時、暁鐘は鳴り渡り、金色の夜明けが訪れる。鉄鎖を断ち切り、師弟が心を一つにして、一歩を踏み出す時、既に勝利の幕は開かれているのだ。
 伸一は、さらに、宗門事件で苦しめられてきた地域を回り、わが創価の同志の奮闘を讃え、ねぎらい、ともどもに凱歌の旅立ちをしようと、深く心に誓っていた。
 伸一が真っ先に駆けつけたかったのは、四国であった。彼が会合にも自由に出席できない状況に追い込まれていた時、「それならば、私たちの方から馳せ参じよう!」と、大型客船「さんふらわあ7」号でやって来た、健気なる同志の心意気に応えたかったのである。



【「聖教新聞」2017年(平成29年)12月14日より転載】




☆彡------☆★☆★☆*------彡☆o☆:*:.♪☆★☆*------☆彡




ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 寒雀/今日の俳句 ≪第2714号≫  | トップ | 歳暮/今日の俳句 ≪第2715号≫  »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

今日の俳句」カテゴリの最新記事