三世の四季

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

四季折々の詩(句)を紹介/新・人間革命

小説「新・人間革命」雌伏

2017年05月20日 05時13分45秒 | 新・人間革命


雌伏 四十八 法悟空 内田健一郎 画 (6076)


 一月十四日の朝を迎えた。波は穏やかで、刻一刻と昇る太陽が海原を照らしていった。
 やがて、「さんふらわあ7」号から、白雪を頂いた富士が見え始めた。その堂々たる雄姿が、宗門僧らの誹謗・中傷に耐え、風雪の日々を勝ち越えてきた同志の胸に迫った。
 船のラウンジからは、「ともだちの歌」などの合唱が響いていた。女子部員が、山本伸一や神奈川のメンバーに披露しようと、練習に励んでいたのである。
 正午前、船は横浜の港に入った。船の左舷には、「先生!こんにちは」という言葉が一文字ずつ大書きされ、横に左から並べられていた。ところが、接岸するのは右舷であった。
 「反対側だ! 張り替えよう」
 急遽、男子部の手で張り替え作業が行われたが、慌ててしまい、文字を右から並べてしまった。それも楽しいエピソードとなった。
 伸一は、船が港に着くと、「さあ、皆で大歓迎しよう!」と言って、神奈川文化会館を飛び出した。
 四国の同志は、デッキに立った。
 大桟橋の上には、「ようこそ神奈川へ」と書かれた横幕が広げられている。埠頭で神奈川の有志が奏でる四国の歌「我等の天地」の調べが、力強く鳴り響く。そして、歓迎の演奏を続ける人たちの前には、黒いコートに身を包み、盛んに手を振る伸一の姿があった。
 「先生! 先生!」
 皆が口々に叫び、手を振り返す。涙声の婦人もいる。
 伸一も叫ぶ。
 「ようこそ! 待っていましたよ」
 四国の同志がタラップを下りてくると、出迎えた神奈川の同志の大拍手に包まれた。
 歓迎の花束が、女子部の代表から四国長の久米川誠太郎に手渡された。
 伸一は、笑みを浮かべて語りかけた。
 「みんな体調は大丈夫かい。よく来たね。これで勝った! 二十一世紀が見えたよ。君たちが新しい広布の突破口を開いたんだ」
 信念の行動が新時代の扉を開ける。


【「聖教新聞」2017年(平成29年)5月20日より転載】







☆彡------☆★☆★☆*------彡☆o☆:*:.♪☆★☆*------☆彡

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 常磐木落葉/今日の俳句 ≪第... | トップ | 病葉(わくらば)/今日の俳句... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL