三世の四季

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

四季折々の詩(句)を紹介/新・人間革命

寒雀/今日の俳句 ≪第2714号≫

2017年12月13日 05時15分49秒 | 今日の俳句


≪2017年(平成29年)12月13日(水)≫(旧暦10/26)




  力とは地から飛び立つ寒すずめ
                  五島高資


  何もせぬことを訓へに寒雀
                  村越化石


  いささ竹寒雀来よ子無き家に
                  鍵和田?子


  ばらばらにゐて一斉や寒雀
                  金箱戈止夫


  寒雀ただはらはらと他愛なや
                  栗生純夫



※ 寒雀・冬雀・凍雀・ふくら雀
 雀は最も身近にいる親しみ深い鳥である。冬は着ぶくれたような姿をして、じっとしていたりする。枯木に止まっている雀、雪晴れの朝の雀など、いずれも愛らしい。寒中の雀の肉は美味とされ、現在でも賞味されている。
→雀の子(春)・初雀(新年)。

【「(合本)俳句歳時記・第3巻/角川書店」より転載】






彡……☆★☆*……☆★☆*……☆★☆*……☆★☆*☆彡……☆☆彡




       ※☆*わが友に贈る*☆※


  乾燥による火災に注意!
  燃えやすい物の放置や
  コンセントの埃
  はこ足配線などは厳禁。
  油断を排する声掛けを!


       2017年12月13日




       ※☆*寸 鉄*☆※


 相手が苦難の時こそ友情
 の手を―戸田先生。電光
 石火の励ましで真価発揮
      ◇
 会館守る会、宝城会の友
 に大感謝!広布の城守る
 労苦に「冥の照覧」は厳然
      ◇
 会合に参加できない同志
 に激励を。信心の歓喜を
 組織の隅々に。これ名将
      ◇
 平和賞授賞式に代表が出
 席。“核兵器は絶対悪”の
 叫びを世界共有の理念に
      ◇
 大規模災害時限定の消防
 団員を創設へ―総務省。
 共助の絆で防災の強化を



【聖教新聞:2017年(平成29年)12月13日(水)付】








     ※☆*名字の言*※



世界初の長編アニメ映画といえばウォルト・ディズニーの「白雪姫」。今月、初公開から80年となる同作には個性豊かな「7人のこびと」が登場する



題材となったグリム童話では、こびとたちに個別の名前はない。しかしディズニー作品では、7人それぞれに特徴を表す名前が付けられた。口をへの字に曲げた「おこりんぼ」、いつも眠そうな「ねぼすけ」、無邪気な「おとぼけ」など――命を吹き込まれたこびとたちはスクリーン上を生き生きと駆け回り、愛らしい白雪姫と共に世界中の人気者になった



アニメ制作においてディズニーは、キャラクターに「人格」を与えることを心掛けていたという。人格がなければ「ストーリーは観客に真実として響かない」「人々は自分自身を重ね合わせられない」と(高橋康子訳『ウォルト・ディズニーがくれた夢と勇気の言葉160』ぴあ)



仏法を具体的な「生き方」として人々に示すのもまた、実践者の人格や振る舞いである。御書には「法自ら弘まらず人・法を弘むる故に人法ともに尊し」(856ページ)と仰せだ



私たちが同志と励まし合い、自分らしく人間革命を目指す日々そのものが、学会の真実を伝える物語。ありのままの姿で、ありのままの体験を語ることから仏法対話は始まる。(値)


【聖教新聞:2017年(平成29年)12月13日(水)付】





彡……☆★☆*……☆★☆*……☆★☆*……☆★☆*☆彡……☆☆彡






ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 〈小説「新・人間革命」〉  | トップ | 〈小説「新・人間革命」〉  »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

今日の俳句」カテゴリの最新記事