三世の四季

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

四季折々の詩(句)を紹介/新・人間革命

〈小説「新・人間革命」〉 

2017年07月12日 06時25分50秒 | 新・人間革命


雄飛 二十四   法悟空 内田健一郎 画 (6120】




 五月三日、関西文化会館では、「創価学会の日」記念勤行会が開催されることになっていた。開会は午後一時の予定であった。
 しかし、朝からメンバーは喜々として集い、周辺は、人であふれた。しかも、ほとんどが勤行会の入場整理券を持たない人たちであった。実は、長崎、福岡に学会員の親戚や友人がいる関西のメンバーは、電話で、山本伸一の激励の様子を聞いていたのだ。その話が瞬く間に広がり、皆、伸一に会いたい一心で集って来たのである。
 関西の幹部や運営役員たちは、急遽、対応を協議した。第二会場の文化会館隣の別館四階にも、入場整理券のない人を誘導した。
 伸一が、大阪府豊中市の関西牧口記念館から関西文化会館に到着したのは、午前十一時前であった。彼は、館内にいた役員らを次々とねぎらっていった。
 同志は、熱い求道の心を燃やして、続々と集って来る。安全を確保するため、別館前の門扉が閉められた。
 しばらくすると、伸一が外に姿を現した。大歓声があがった。彼は門扉の外に待機している人を見ると、役員の青年たちに言った。
 「門を開けて入れてあげてください」
 「もう館内に、入れる場所はありません」
 「いいんだ。この広場で激励するから。この方たちこそ、最も大切な方々なんだよ」
 門扉が開くと、待機していた人たちは、躍り上がらんばかりに喜び、構内に入った。通りすがりの人まで後に続く有り様であった。
 伸一は、「ようこそ! 嬉しいです」と言いながら、皆と握手を交わした。何回も何回も、記念のカメラに納まった。
 「あとで写真をお届けできるように、お名前などを控えて!」
 役員に指示が飛ぶ。
 創価班や牙城会など、役員のメンバーとも記念の写真を撮った。伸一の胸中には、“すべての同志を励まさずにはおくものか!”という、炎のような気迫が満ちあふれていた。
 その一念こそが“創価の魂”である。



【「聖教新聞」2017年(平成29年)7月12日より転載】




☆彡------☆★☆★☆*------彡☆o☆:*:.♪☆★☆*------☆彡






ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ゆとり世代のカープ女子(No C... | トップ | 糸蜻蛉/今日の俳句 ≪第2560号≫ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

新・人間革命」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL