三世の四季

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

四季折々の詩(句)を紹介/新・人間革命

〈小説「新・人間革命」〉 

2017年05月26日 05時34分30秒 | 新・人間革命


雌伏 五十三 法悟空 内田健一郎 画 (6081)


 山本伸一は参加者に近況などを尋ね、ちょっとした話題を契機に、信心やリーダーの在り方に触れ、指導、激励していった。皆、その自在な語らいを望んでいたといってよい。
 話は、同志に接する幹部の姿勢に及んだ。
 「幹部の皆さんは、会員の方々の意思をどこまでも尊重し、相手を傷つけるようなことがないように、心していってください。
 また、さまざまな方がいることでしょう。全員が、素直に話を聞いてくれるわけではありません。リーダーは苦労も多いが、大きな心で皆を包み、幸せになるように全力を注ぎ、忍耐強く励ましていくなかに仏道修行があるんです。その苦労が、自身の功徳、福運となっていきます。
 草創期に歌った学会歌の『日本男子の歌』に、『海をも容るる 慈悲を持ち』とあるじゃないですか。そう歌いながら、実践しないのは、問題ですよ」
 笑いが広がった。
 「では、勤行しましょう!」
 伸一の導師で勤行が始まった。広宣流布を誓願する師弟の読経・唱題の声は、力強い躍動の音律となって響いていった。
 午後三時半からは、会食懇談会が開始された。伸一は、八階の壮年・婦人の会場に出席し、同じテーブルに着いたメンバーの報告に耳を傾けた。やがて五階にいた青年たちも合流し、アトラクションが始まった。
 「南国土佐を後にして」の合唱や、阿波踊りなどが次々と披露されていった。伸一は、「楽しくやろうよ」と声をかけ、一つ一つの演技に惜しみない拍手を送るのであった。
 歌や踊りが一段落すると、彼は言った。
 「では、私がピアノを弾きます」
 最初に「厚田村」の調べが流れた。
 今こそ、恩師・戸田城聖のごとく、北海の吹雪に一人立ち向かう勇気と覇気とをもって、雄々しく前進してほしい――そう願いながら、鍵盤に指を走らせた。
 試練は人を鍛える。なれば、広布を阻む猛吹雪に敢然と挑みゆく人は最強の勇者となる。


【「聖教新聞」2017年(平成29年)5月26日より転載】




☆彡------☆★☆★☆*------彡☆o☆:*:.♪☆★☆*------☆彡






ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2017/5/21 小池百合子 吉祥... | トップ | 白樺の花/今日の俳句 ≪第25... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

新・人間革命」カテゴリの最新記事