三世の四季

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

四季折々の詩(句)を紹介/新・人間革命

馬刀(まて)/今日の俳句 ≪第2475号≫

2017年04月18日 05時26分01秒 | 今日の俳句




≪2017年(平成29年)4月18日(火)≫(旧暦3/22)


  たぶんもう来ないとおもふ馬刀がゐる
                   西野文代


  新聞はいちにち遅れ馬刀の旬
                   服部百合子


  馬刀貝にまだまだ知らぬことばかり
                   藤本美和子


  馬刀貝の竪穴住居密集地
                   高澤良一


  馬刀貝を掘るに干底といへる刻
                   桑田青虎


※ 馬刀(まて)・馬刀貝
 マテガイは円柱状の長さ12・4センチ(約四寸)もある長い二枚貝で、剃刀貝ともいい、潮流のやや急な浅海の砂底に穴をあけ埋没して棲息する。殻皮はなめらかな蒼黄色で殻質はもろい。別の品種にアカマテという殻皮が紫褐色の貝があり、俳句で馬刀を詠む場合はこの赤馬刀をさすことが多い。この貝は長さ九・五センチ(約三寸)ぐらい。浅海砂中に、地平線に直角の穴を開けて棲み、上から食塩を入れると穴から飛び出すので、その時捕らえる。また馬刀突は竿の先に針金をつけて、船の上から突いて捕獲することをいう。肉はアカマテの方が美味。煮付け・酢味噌・マテ飯などにして食べる。

【新訂「現代俳句歳時記/石田波郷・志摩芳次郎編」主婦と生活社より抜粋】


彡……☆★☆*……☆★☆*……☆★☆*……☆★☆*☆彡……☆☆彡





       ※☆*わが友に贈る*☆※


  広布のため 同志のため
  陰の労苦を重ねる中に
  無量の福徳が輝く!
  「冥の照覧」は厳然だ。
  大確信に満ちて進め!


       2017年4月18日






       ※☆*寸 鉄*☆※



 会長は他者に尽くす菩薩の生き方を現代に蘇らせた―博士。平和創出の光
      ◇
 大学会の日。仏法即社会の勇者よ勝利の人生を!青春の誓いは貫いてこそ
      ◇
 「心の世界はいくらでも変化する」戸田先生。友を揺り動かす確信の声を
      ◇
 自転車事故経験者は3割―調査。音楽やスマホ等「ながら」運転は厳禁だ
      ◇
 地域の多様な声くむ公明が改革の鍵―識者。三千の議員網で期待に応えよ



【聖教新聞:2017年(平成29年)4月18日(火)付】





     ※☆*名字の言*※


かつて長寿の双子姉妹として人気を博した、きんさん・ぎんさん。妹の蟹江ぎんさんの4人の娘さんたちも、負けず劣らずの長寿姉妹で、平均年齢は98歳になる



彼女たちの“元気の秘訣”は、毎日のように集まって「おしゃべり」することだった。長寿医療の研究者が調べたところ、4姉妹が自由に会話している時、脳の血流が増えていることが分かった(石川恭三著『沈黙は猛毒、お喋りは百薬の長』河出書房新社)



脳の血流が増えると、神経細胞が活発になり、認知症の予防や、抗うつ効果も期待できるといわれる。「健康社会」を考えるうえで、人と人との対話や交流は欠かせない要素だ



先ごろ、91歳で入会した婦人が語っていた。「学会に入って20歳、いえ30歳は若返りました(笑い)」。世代や立場を超え、和気あいあいと励まし合う。成功談だけでなく、時には失敗談も愉快に語り合う。そんな学会の世界で今、彼女は新たな人生を謳歌している



「おぼしき事言はぬは腹ふくるゝわざ」と『徒然草』にある。礼節をわきまえ、愚痴や文句を慎む姿勢は大切だが、思ったことを言わず、我慢し続けるのは体にも障る。互いを敬いつつ、どんどんしゃべって知恵を出し、元気を出す。日々の学会活動は“最高の健康法”だ。(誠)


【聖教新聞:2017年(平成29年)4月18日(火)付】





彡……☆★☆*……☆★☆*……☆★☆*……☆★☆*☆彡……☆☆彡


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 小説「新・人間革命」雌伏 | トップ | 4月18日(火)のつぶやき »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL