■■■□ SNYAP □■■■ 

SMAP好き猫好き主婦ののんべんだらり津々浦々紆余曲折の日々

切なかった

2017-02-13 21:03:55 | Weblog
今日は寝坊した~
それも1時間も寝坊ですぞ 焦ったよ
時計を見たときは目を疑ったよ

も~急いで洗濯 朝ごはんの準備とバタバタ
ボーとしてる暇もなく動いてましたけど・・・・

仕事が休みでよかったよ
朝ごはんはいつもの時間で食べれたけど
そのあとのうちのことは体がまだ動き出してないのか
ま~時間が掛ったこと

コーヒーをなんとか飲んだけど頭が 脳みそが動き出さん
やっぱり 朝は少しでもコーヒーを飲みながら
ボーっとしている時間がわたしゃには必要だね


昨日の「A LIFE」は沖田先生の辛さ 悲しさが感じられる5話でしたね
深冬先生 一応は目がさめ 普段の生活は遅れているが
少しずつ症状が出てきている

そして 深冬先生の病気に気付いてしまってから
沖田先生にぶつかり気にかける
羽村先生が殴りつかみ合っていたときは仲裁に入って
沖田先生をかばっていましたね

ただ 井川先生が「いくら専門でも自分じゃオペ出来ませんよね?
深冬先生は愛する人だから 冷静にオペなんか....」
っと言われたときの沖田先生の表情
あの表情で深冬先生に対する気持ちがすっごく感じとれましたね
そのあとの「・・・だから僕が切るんだよ」の言葉 切なすぎます
本当は沖田先生だって・・・・
それを隠して手術に向かなければならない
ど~にか完璧に復帰できるようにいろんな方法を考える沖田先生
観てるだけで切なくて 切なくて つらいです


羽村先生もつらいですよね
恩師が医療ミスをしてるかもしれないっとわかって
自分が事故調査委員としてそれを調査しなくてはならないなんて
そして その患者さんが沖田先生によってそのミスを指摘されてなんて

でも その恩師は 自分の限界に気付いており
なんとか虚勢を張っていたが・・・
それを認めざるえないのもつらいよね



それぞれの辛い想い 葛藤がとても表現されていて
ついつい見入ってしまった



今回の5話のタイトルは A LIVE ではなく A LIVE になっていましたね
命から生きるに変ったのはやはり 深冬さんのことになるんでしょうか ある意味


沖田先生が決意を持って白衣をパサっときたときのシーン
あれカッコよったな~
白衣が流れるようになびいて そして袖を通す いいねぇ 


自動販売機 ちゃんと観てみましたよ
ちょっとピンボケだけど下の左側に3本並んでましたぞ はい

井川先生が手術後 沖田先生の真似して手袋を飛ばして外すシーン
おかしいけど なんか微笑ましいなって思ってしまう


自分の結果を知ってしまった深冬先生
次回では沖田先生に大丈夫だと言ってくれたじゃないっと・・・・
この「大丈夫」の言葉に苦しめられる沖田先生
この先 ど~なっていくんでしょう いろんな想いが交差する
想像するだけで切なくなります
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 届いたけど・・・ | トップ | 知らなかった・・・・ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。