映画、本、たまに舞台。

観たり、読んだりしたものの備忘録。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

スキヤキ・ウエスタン ジャンゴ

2007年10月04日 | 映画
梅田ブルク7にて。

(監督)三池崇史

一言で言ってしまえば、お行儀良すぎ。
あえて、そうではない三池を期待したので、残念。

面白くなる素材はふんだんにあったと思うが。
冒頭の香取&タラくんのくだりは「おっ」と思ったのに。

木村佳乃のダンスは黒田育世振り付け。でも、キレはなし。
残念ながら、『ゼブラーマン』の鈴木京香の再来にもならず。
まっ、それはすべて桃井かおりが持ってったんだけど。

もうこうなると、伊勢谷友介と窪塚洋介の境界線も曖昧。

☆☆☆
ジャンル:
ウェブログ
コメント   トラックバック (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« クローズド・ノート | トップ | 東京にて。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

2 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
鈴木京香 tsubaki 関連最新情報 (鈴木京香 画像・動画 最新情報ブログ)
山下智久 壁紙格安ツアー新垣結衣 画像... 愛の迷宮の概要阿部 また しかも ...
伊勢谷と佳乃 順調な交際 (三俣の個人的意見)
伊勢谷君って木村佳乃よりてっきり年下だと思ってました。順調な交際を続けているようですが、なんとなくミスマッチなカップルと感じてしまうのは私だけでしょうか?映画予告はチラッと見ましたが、あまり興味がないのでコメントする事は特にないかなぁ