さてと、今日は何処に・・・

CW移動屋JF1NDTの運用記録です。

上野原市 矢平山 SOTA JA/YN-065

2016年09月20日 | 山岳移動

9/18(日)は朝から雨天の予報でしたので近間ですぐ登れる矢平山にしました。
本当は天気が良ければすぐ隣の倉岳山に登った後に2座目として登る山だったのですが・・・

朝5時出発し国道413号を梶野で右折し牧馬峠を経由して篠原で左折、旧藤野町から山梨県に入り旧秋山村へ山道をこれでもかって程進みます。途中尾崎と言うところで右折しめったに車が入らなそうな林道へ入りどんどん上がるとやがて通行止めのトンネルに突き当たります。
未だ工事中で開通すれば上野原方面に直通なのですが当分完成は無理っぽい?
トンネルの手前に車を駐車しましたが、日曜で誰も通行しないので何処でもいいかも・・・

時々小雨が振っている中、レインウエアーを着て7時半に出発。
登山道入口はトンネル左側の山火事注意の看板の処から上に登る踏み跡があります。

急坂を登っていくとトンネル上の尾根道に合流

左に進み矢平山方向へ進みます、最初のピークには道票も無くGPSが頼りです。

尾根道のアップダウンを繰り返し

30分で山頂に到着

山頂は木々に覆われていますが意外に広くフルサイズでアンテナ張れそう

白い杭にポールを括り付けキボシフルサイズで展開

シャックは木の下に設置、雨なので折りたたみ傘をリグの上に刺しました

14からスタートしNNLさんからいきなりコールTNX、流石に1エリアが近い
その後沖縄に続きNS7P Philさんからコール、MAILありがとう(返事してなかったsri)
そしてW、VKと続きます。18MhzにQSYすると9M6からコールSOTAでは初だな
ここで00UTCになってしまい今回日付が変わる前に充分サービスできずでした。

その後18~21でも沢山出来て21でもNAから呼ばれ秋のコンディションを実感
28ではVKが強力で1エリアから沢山コールであたふたしていると急に雨が強くなり
リグや電池が濡れないようにしながらの交信でした。

10~28をリクを含め行ったり来たりして最後に7Mhzに出ると蔵に載ったらしくプチパイル
みんな同じ処で呼ぶから重なって一回でコピーできずで難儀しましたhi

昼近くになり雨は止んだが強風になり木々に遮られているのでアンテナは何とか立ってますが雨が降ると不味いので撤収、12時半には下山開始し30分で車まで辿り着きました。

そうすると天気が一時的に回復日が差して来ました、まーこんなもんですね。

今回は近いし早めに撤収したので時間が余ってる?
なので途中寄り道して相模川の川原で38県の追っかけ開始、魚のSATと1.9をゲット
遅くまで粘ったので自宅への帰着はいつもと変わらずでした・・・ヘヘヘ

今回もコール頂いた各局に感謝致します。

集計したら計78Qでした、私のSOTA最多QSO更新です。

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

南佐久郡川上村 天狗山(JA/NN-081) 御陵山(JA/NN-087)

2016年09月13日 | 山岳移動

9/11に2座強行してきました。 ヘヘヘ

日曜は近場の大月あたりの山の予定でしたが天気予報は雨模様・・・
よーく天気予報を観察すると北に行くほど曇り止まりの様子、それではと
残りの夏休み宿題を片付けることにしました。

土曜夜21時半に自宅を出発、最近は往路は高速復路は下道なので圏央道厚木から高速
に乗り中央道双葉SAで休息仮眠ここまで前回と同じ
眠れないので午前2時にSA出発、今回は須玉ICで降り塩川ダム方面へ北上、信州峠から
長野入りしました。

これが大正解で過去には清里経由で川上村に行っていたのが大幅な時間短縮になりました。
(大弛峠から悪路を下るルートが一番早いですがお勧めはしません<過去にやりましたhi>)

川上村と南相木村の境にある馬越峠に着いたのは午前3時過ぎ、
ここは過去に何回もJCG移動サービスに来ていて土地勘バッチリです。
とりあえず明るくなるまで仮眠・・・zzz

午前5時過ぎには明るくなり神奈川では雨が振り出したようですがこちらは

晴れ間も見えます、朝飯後

6時に出発。 峠に登山道入り口があります。

アップダウンを繰り返し進むと

少し開けた場所が (川上村方面)

やっと山頂らしきあたりが見えました

途中何度もこんな岩場が登場、

で やっとこさ頂上

岩場に難儀し1時間ちょっとかかりました。

100円もある・・・(盗ってませんよ)

 この後登る御陵山かな?

山頂は狭くフルサイズでアンテナ張れないので14から先は切り離し50~14Mhzとしました。

設置中にプッツリ・・・

2箇所も切断、なんとかガムテープて゜補修・・・hi

 

やっと上がりました、14MhzからCQ出すとWからコール でも後が続きません
18に上がるとまたWから、いずれも初めての局。VRYさんに今日も見つけて頂き
蔵あげTNX、TADさん。でも飛んでないみたいでコール無し、21に上がるとNS7P
さん今日は弱いなと思ったらどっかの山かららしいS2S成功見たいで後で山ナンバー
確認してみます。
国内は4QのみNA方面が良いみたいですがVK/ZLはプロパゲーション無し?のようで
交信無しでした、電波も秋の空でしょうか?
その後50MhzにQSY、和歌山の移動局が強力でしたのでSSBで交信、
他にも大阪奈良移動の井戸吉メンバーが聞こえてましたが10時を過ぎたのでQRT
下山し次の山へ 
(途中おじいちゃんの居る団体さんとすれ違ったが岩場大丈夫かと・・・)

峠に1時間で戻り時間は11時過ぎ、腹ごしらえして道路の反対側にある登山口へ

こちらは打って変わって歩きやすい土の登山道、距離があるので1時間半掛かりましたが
岩場も無しで非常に快適。

途中鉄塔下で休憩

登頂、山頂は広く祠があるのみ

  

145FMでCTCさんが聞こえコール、車山とのS2S成功。

HFはキボシを予備のに替え持って上がりましたので断線の心配は無くフル展開
7CWから開始するも1エリアには届いていないようですが西方面からコールあり
TADさんにも見つけて頂き蔵アップして頂いた見たいでプチパイルに・・・
沢山出来ました、途切れたところで14UPに21まで上がりDXはUA9のみでした
やはり今日は南へのパスが無かった見たい。

時間も遅くなるので早仕舞いして14時にQRT、1時間で峠まで下山し15時半に峠を出発

川上村のおいしい蕎麦屋も我慢してひたすら来た道を戻ります、中央道は相変わらず
25Kの渋滞表示、私は20号でスイスイの筈が大月で渋滞に嵌りました、結局5時間半かかり
帰着が21時。
紅葉シーズンに入るともっと悲惨になるので、今後途中で迂回する事にしようかな

ちょっと強行でしたが雨には降られず楽しい2座でした。(久しぶりに足が筋肉痛hi)

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

長野移動リベンジ (小県郡長和町 鷲ヶ峰 SOTA JA/NN-089)

2016年08月30日 | 山岳移動

8/28 午前中の鉢伏山の運用を終え次に向かったのは長和町高松山(SOTA JA/NN-101)

下諏訪から和田峠旧道を通り新和田峠の料金所手前で脇道に入り黒曜石ミュージアムの駐車場に入りつもりでしたが、なんか熊が一杯で満車。生憎お祭りのイベントの用で人が一杯
仕方なく道路脇にスペースを見つけ停めましたが観光バスも同じスペースにあり大盛況見たいです。

支度をして登山道を目指すと登山道への取り付き道路に誘導員がいて車が勝手に入らないよう規制しています、高松山に登山したいと伝えると入山規制中で許可が要るとの事、たまたま今日だけかずっとそうなのかは聞きそびれましたが駄目なようなので車に引き返しました、黒曜石の産地だそうですが別に盗掘するつもりは無いけどね・・・ 残念

次に向かったのは三峰山(SOTA JA/NN-080)和田峠旧道に戻りトンネル手前でビーナスラインを北上、三峰展望台駐車場に着いたのが13時半、ここから30分位で登頂できますが駐車場の出口に登山するやつは15時までに戻れとの注意書きがでっかく書かれてます、15時に施錠されるようなので登り30分下り20分として40分しか山頂に居られない事に、ちょっと忙しそうなので今回は諦めました、事前に判っていれば先にこちらに来るべきでしたが後の祭り・・・ 残念

仕方ないのでビーナスラインを南下して車山方面に車を走らせると八島ヶ原湿原の駐車場が賑わっていましたのでトイレ休憩、案内図を見るとここから鷲ヶ峰に登れるようです、先日あぶさんが登っていましたので知っています。駐車場の誘導のおじさんに閉門時間を聞くとここは24時間いつでも出入りOKとの事、これは棚ぼたで登るしかないでしょう・・・hi

湿原の脇から登山道があり大勢のオジオバハイカーが降りてきました、霧の中整備された登山道を登っていきます、途中熊笹に隠れた道を進みガレた道を登ると頂上?

 

霧でピークが見えないのでアイホンGPSで確認すると頂上はまだまだ先でした
下っては登り下っては登りを何回か繰り返すと頂上らしき看板が

山頂は小広くベンチもありますが、登り始めにすれ違ったあの団体さんが居たらギュウギュウでしたでしょう

 

流石に15時だと誰も居ません、早速大胆にも頂上の看板にポールを括り付けキボシを展開
アンテナ設置中に433でCQが聞こえます、良く聴くと1エリア栃木県早速コールして先方の相方にも交信をお願いされ早速2Q確保

 

DXは時間的に無理と思い国内が出来そうな7MhzからQRV、時間的にまだ厳しく1エリアチェイサー各局には届かない模様、何とか3エリア以西で4Q出来て条件はクリア、18MhzにQSYして1エリアとの交信に挑みましたがこちらでは519で聞こえる信号もこちらの5Wでは飛んでいかない様子です、こういう距離では430あたりでビームを上げた方が1エリアとの交信の可能性はあるような気がします、今後の課題とします。

計6Qという最低の交信数でしたが一向に条件が上向かず寒くなってきて霧の中雨も心配なので撤収し下山することに

 

速攻で片付け来た道を戻ります、30分程で湿原まで降りましたがちょっと湿原の中も覗いてみることに

  

結構一周すると時間が掛かりそうなので10分足らずで途中で引き返し車に戻りました。

賑わっていた駐車場もガランとしていて売店も店仕舞い


今から帰ると中央道の渋滞に巻き込まれますので、ゆっくりと国道20号で帰りました。
途中夕飯で休憩し日付が変わる前に家に到着出来ました。

天候が良ければもう一日滞在して山行したいところですが2座でも充分楽しめました
交信頂いた各局に感謝いたします、また交信には至りませんでしたがお付き合い頂いた1エリア各局にもお礼申し上げます。

 

 

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

長野移動リベンジ (岡谷市 鉢伏山 SOTA JA/NN-075)

2016年08月30日 | 山岳移動

体調不良で中止した長野移動ですが、突然遅い夏休みが取れたので急遽リベンジしました。

8/27土曜日の夜21時過ぎに自宅を出発、圏央道厚木ICから中央道経由で長野を目指します
天候は雨、明日の早朝の天気が心配ですが・・・

途中双葉SAで休憩と仮眠、未だ暗いうちに長野道岡谷ICを降りて国道20号塩尻峠を登った所で脇道に入り高ポッチ高原へ、真っ暗な林道を登り高ポッチ山を通過しさらに奥に進み標高が高そうな所の林道脇の駐車スペースに車を停め明るくなるまで一寝、外は相変わらず雨・・・

5時をまわり明るくなってくると付けっぱなしの無線機からCQが聞こえます、なんと唐松岳からとのことで145Mhzでコールしました が山頂ではなく山小屋からの運用との事でSOTAにはならず・・・残念

朝6時を過ぎると林道を登ってくる車が増えてきました、天気は霧で雨も霧雨になりなんとか濡れずに済みそうなので支度をして出発、舗装された林道を鉢伏山荘を目指して進むこと10分あまりで到着

  

入口に料金箱があり車は500円、徒歩は100円・・・ えっ徒歩も取るの・・・
駐車料金は事前にチェック済みですが徒歩でも取るとは想定外、もちろん払いましたけど

良く整備された登山道を進むと分岐に、左は前鉢伏山 右が目標の山頂

少し登ると広い草原の山頂丘に到着、車から30分、山荘からだと20分の超お手軽登山です。
一番高そうな場所に標識がありました。

 

山頂はとても広く草原になっており何処でもアンテナ張り放題、1.9のビバレージも可能か?

 

あまりにも広いと逆にアンテナ設置場所に迷います、ポールを括り付ける低木があったのでそこにしました。

 

相変わらずの霧の中でアンテナに着いた雫が丁度リグの上に落ちてくる状況
14からスタートするもNS7Pのみで18へQSY、ZL1BYZ NQ7R VK7CW VK4RF VK4HAと続きますがDXしか出来ず国内は無感、21はとうとう0Q・・・orz

145で乗鞍移動の8N0YAMA/0が盛んにCQ連呼なので呼んでみました、2700m地点と言うことでどうやら山頂では無い模様でS2Sならず・・・

まだUTC00時まで時間があるので7MhzにQSY、なんとか3エリア以西と8局出来ました
9時を回ったところで21へQSY、VK/ZLと交信したところで後が続かず空CQ・・・

寒いし暇なので少な目の交信数ですがこの後の予定があるので撤収することにしました。

下山時に展望台があったので登ってみましたが生憎の天気で何も見えず・・・

 

下山途中で一瞬霧が晴れました、前鉢伏山の下に山荘が見えます。

そのまま林道を歩いて車まで戻ると隣に名古屋ナンバーの車があり、私と同じ事考える人も居ますhi

早いですが次の2座目があるので10時過ぎには国道まで降りました、この辺は以前良くJCCサービスに訪れた場所で土地勘がありました、ただ山行はやっていなかったので鉢伏山は初めてです、標高差も100mちょっとで病み上がりの私には丁度良いお手軽登山でした。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

夏休みの予定 変更

2016年08月14日 | Weblog

残念ですが先週痛めた腰が直らず・・・

15日は中止とし、体調回復すれば16日のみに縮小にすることにします。

17日は台風? で中止です

以上

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

夏休みの予定

2016年08月11日 | Weblog

夏休み何とか確保しました。

8/15(月) AM 南佐久郡川上村/南相木村 JA/NN-081  天狗山  1882m

              PM  南佐久郡川上村/南相木村  JA/NN-087 御陵山 1822m

8/16(火) AM 茅野市/諏訪市              JA/NN-076 霧ヶ峰(車山)  1925m

     小県郡長和間町/諏訪郡下諏訪町  JA/NN-080  三峰山 1887m

              PM  岡谷市                         JA/NN-075  鉢伏山 1929m

8/17(水) AM  山梨県              未定 (天候による)

 

*8/15は確定ですが16は入れ替るかもです、15の夜余裕あればどこかに? 17は計画中


 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

甲府市 無名峰 SOTA JA/YN-034

2016年08月02日 | 山岳移動

7/31は甲府市と北杜市の境にある名無しの山に行ってきました。

朝2時前に起床、2時半自宅を出発。
今回も行きは高速帰りは下道です、圏央道中央道と乗り継いで山梨市焼山峠を目指します
今日は琴川ダムからではなく西側の塩平から焼山峠に入りました、峠を通過して乙女高原から
クリスタルラインの奥へ、あまり通行が少ないのか落石や木の枝がゴロゴロスピードを落として
慎重に進む事小1時間、焼山峠から18Km位で木賊峠(とくさとうげ)に到着、峠に広い駐車スペースがあり案内版の前に駐車。

 

時間はすでに6時、支度をして6時半出発 何処から登るのかそれらしき道票は無く
感で案内板の右側から踏み入ってみると、それらしき踏み跡が上に続いています。

少し登ると尾根に出てそこから今日の目的の頂上が見えました

尾根伝いに一旦少し下って登りになると薄い踏み跡も草で全く見えなくなり、あとは道なき道を
草を掻き分けながら進みます、朝露で靴からズボンまでびっしょり・・・・

しばらくすると鹿除けの立派な柵が現れ中に入れそう
道が無いので試しに柵の中に入って登ってみました が

 

頂上近くまで来たところで今度は柵から出る出口が無い

乗り越えようと思ったが重いザックを担いで柵をよじ登るのはちょっと無理
入り口の扉まで下りて柵の外に出て登りなおしました トホホ

もちろん道は無く鹿が作った獣道のようなところを進みます

そして頂上付近の平坦な場所に出ました

結構広い頂上で山名の看板があるか探しましたが全く無し、三角点は見つけました

 

何処でもアンテナ上げ放題で三角点より南側で店開き、南側が甲府市、北側は北杜市のようです。

  

早速14からスタートNS7P今日は229では無く339でした、CONDX良いのかな?
続いてVK4RF VK4HA RICKさん今日は珍しく14でQSO
18に上がるとZL1BYZ JOHNさん強力でした、その後国内西方面が開いているようです
VRY TADさん、DGTかつおさんコールありがとう、21も良いCONDX国内あちこちから呼ばれます、UTC0時を回ってRICKさんから再度コール、TADさんからもコールありもうすぐ1000ポイント達成ですね。
24はTADさんのみ、28もTADさんと繋がり信号も強くなりました。
その後はCONDX急に下がって18で8エリアのみ7も2局がやっと、10は全くカナブリ
また暇になったので50や430で山岳移動局を探す事に
430FMで乗鞍移動のKLHさんを発見、すかさずコールFT817に付属のフレキシブルホイップを付けての設備でしたがフルスケで入感、流石3000m越えは違うなと・・・KLHさん初交信ありがとうございます。

その後50でCQ出すもカナブリが続き、ちょっとロケ的に高い山に阻まれ飛んでいかないようです暇だし寒いので13時前に撤収

来た道を下り30分位で車に戻りました。

帰りはクリスタルラインの途中から甲府の市街方面に向かい山を降りたら有名な昇仙峡の
道でした。後は20号をひたすら東へしかし中央道の渋滞から逃げてきた車が20号に流れこちらでも渋滞する始末、夏休みに入ったせいかいつもより車多い、おかげで19時過ぎの帰宅でした・・・(疲)

交信頂いた各局TNX また次回も4649

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

甲府市 水ヶ森 SOTA JA/YN-045

2016年08月01日 | 山岳移動

7/24 甲府市と山梨市の境にある水ヶ森という山に行ってきました。

朝2時半に出発し今回は行きだけ高速を利用、圏央道から中央道で勝沼で降り山梨市戸市からクリスタルラインの林道に入りました。

途中夜明け前に名前の無い展望台に寄りました

最初に向かったのは帯那山

林道に車を止めて未舗装の道を行くと

アヤメの群生地で有名らしい

さらに行くと頂上

実は雲海を期待したのですがこの日は生憎・・・

早々に下山し水ヶ森へ向かいます、帯那山から水ヶ森が見えます

林道を進むと弓張峠到着、看板の所に車を止めましたが、あまりスペースがありません
私の車なら平気ですが・・・

実は17日の小楢山の帰りに登山道の確認のためこの林道まで下見していましたが
どうも登山道への入り口がハッキリしないので不安でしたが、それらしき跡を発見

踏み入ってみたらありました

水ヶ森を超えさっき行った帯那山まで続いているようです。

峠の近くは踏み跡がしっかりあります

水ヶ森の急斜面に差し掛かるとキツイ登りに

途中踏み跡が薄くなり迷いながら何とか到着

 

三角点近くの北側に店開き、山頂は広く貸切状態
この日は誰一人とも遭うことがありませんでした。

 

 

14からスタートして北米から229を貰いhi 18へQSYするも全く呼ばれず
CONDX悪いようで21へ、こちらはVK各局も含め1エリア近郊から大漁ゲット
でもその後はパッタリで暇になり他のアクティベートを探すことに
結果14で小楢山移動のVCHさん、50で御殿山移動のEWVさんとS2S出来ましたTNX

電池も無くなりそうなので12時前に撤収、下山はピストンなのですが踏み跡が見つからず違う方へ降りてしまいスマホのGPSで確認し来た道に戻れました。

峠から登り40分下り30分でした

帰りはいつものように20号で下道を使い渋滞も無く帰れました。

QSO頂いた各局TNX

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

山梨市 小楢山 SOTA JA/YN-037

2016年07月22日 | 山岳移動

7/17 何処に行こうかと悩んだが

以前あぶさんが紹介してくれた小楢山にしました。

朝2時起床2時半に出発、相模原から20号でひたすら西へ山梨に入った頃には明るくなってました。
道の駅まきおかで用を済ませ先月大弛峠に行った林道を上っていき、ダム湖の先で左折
焼山峠に5時過ぎに到着、すでに1台止まっており同じ横浜ナンバーなので向こうから声をかけてこられました。
支度をしている間にもう一台到着、こんな早朝に3グループも、ここって有名?

5時25分に駐車場を出発、しばらくアップダウンの道が続きます

すると新道or旧道の表示が、古い人間なので旧道へhi

的石? あー的のような岩が奥に

小楢峠との分岐、直進で峠へ左は山頂。

分岐からの急坂を登り少し行くと山頂でした
そして私の目に飛び込んだのはすばらしい景色 雲海

駐車場から山頂まで約1時間でしたので午前6時半、甲府盆地がすっぽり雲の下で富士山が顔を出しています、すっかり日が昇ってますがもう少し早ければ朝焼けの雲海が見れたでしょうか

  

別に狙って早朝に来たわけではなく、たまたま早起きして早朝に着いたらこんなご褒美が
しばらく広い山頂のあちこちで写真撮影し景色に見惚れていました。

さて本来の目的を思い出しアンテナ設置に取り掛かります、立ち木を利用してフルサイズに展開

  

切り株ベンチにシャックを設置

14からスタート3エリアが開けており数局交信、18へQSYこちらも345エリアからお呼び頂きTADさんも出来ました。
21はRICKさんをはじめ1エリアチェイサー各局と交信、VK2AOH/P局から呼ばれS2S成功
24に上がったがこちらはカナ振り、9時を回ったところで再び21へ降りてTNX AGN QSO
10と7にも出て少し上積みして18へQSY、こちらではUEH/0さんがカスカスで聞こえたが
信号が上がらずS2Sは断念。

スタートが早かったのでバッテリーが切れ気味になり11時前にQRTして来た道を戻りました。

帰る頃には雲が上がってきて雲海は見えませんでした、より早朝の方が綺麗です。

帰りは新道を通ってみました

登りで見た的石を真横から見るとこんなに薄かった

新道は急坂で降りるのも滑りそうで大変、登りで選択しなくて良かった。

で昼前に駐車場に戻ったら、えっキツネ?

人間なれしていて逃げない、きっとここにきて食べ物貰ってるのでしょうか?

まだいつもより時間が早いので林道探索へ、焼山峠から上に上がって乙女高原方面へ
昔はこの辺を良く車で移動運用していましたので、なんとなく判ります。
1701の1.9Mhzとかもこの辺の林道でサービスしました。

次は水が森を狙っているので周辺を探索、弓張峠に登山道入口は無かったが獣道を上がれば登山道にぶつかるかな? もう少し調べてみます。

そのまま太良ヶ峠から山梨市街へ降りて渋滞の中央道を避け20号で下道で帰りました。

今回は偶然にもとても良い体験をしました、小楢山大変良い山ですみなさんも是非
ご紹介して頂いたあぶさんにも感謝いたします、ありがとうございました。

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

笛吹市 鬼ヶ岳 SOTA JA/YN-036

2016年07月21日 | 山岳移動

7/10 富士五湖の一つ西湖の北側にある鬼ヶ岳に行ってきました。

朝4時に出発しいつもの246から籠坂峠経由で麓の根場に着いたのは7時過ぎ、ちょっと遠いので時間がかかりました。
駐車場は西湖いやしの里根場の南側に広大な駐車場があり登山のみの客は芝生のスペースに止めろと案内板にありますので遠慮なく芝生に止めました、すでに3台止まってます。

支度をして7時20分出発、途中富士山が見えたのでパチリ

鍵掛峠への登山道の標識がありましたが、今回鬼ヶ岳への最短コースなので先に進むと案内がありました。



奥に進むと堰の上に道が続いてます、4WDなら通れそうな道を奥まで行くと広場になりここに車を置けそうです。

広場の奥から登山道になります、先ずは雪頭ヶ岳を目指します

入り口に熊注意の看板があり未だ新しいのでちょっと心配・・・・

登山道はずっと登りでしかも結構な坂、最近は楽な山が多かったので久しぶりに登山って感じです

案内もあり道を間違えることはありませんね

途中開けた所から富士山方面を見たのですが朝は見えていた富士山も雲の中

駐車場を出てから2時間、やっと雪頭ヶ岳山頂に到着。


絶好の富士山ビューですが相変わらず富士山は雲の中

先に進むとコルに出てアルミはしごが

登って直ぐに頂上でした。

 

鬼の角も一本あります、富士山は雲の中

山頂は小狭い感じ

なのでアンテナは14からのショートバージョンにして設置

先ほどの倒れた標識に括り付けちゃった

岩の上に腰掛け運用、14から開始TADさんのみで呼ばれません、18も坊主、21はRICKさん他数局、VK5からもコールあり良く飛ぶようですがCONDX今一です。
TK-007移動のNIEさんがなんと430FMに居るようなので急いでザックの中からFT817付属のホイップを探し出しコール、流石にこんなアンテナではフルスケではなかったがS2S成功
その後50に切り替えてみたがあまり呼ばれず、再度14へ丁度KAWAさんが箱根の三国山から出ておりS2S成功、珍しくVK6からもコールあり。
18もあまり呼ばれず今日は交信少なめ、最後に21でバッテリーが無くなるまで運用TK-012移動のSWIさんとS2Sありがとうございました。

運用中昼前に20人位のオジオバ団体さんがこられ山頂はパンパン状態、アンテナ倒されそうになり焦りましたhi
直ぐに居なくなったので助かりましたが・・・

13時過ぎにCLし下山することに、鍵掛峠経由で降りようと思ったが時間かかりそうなので止めてピストンにしました。

相変わらず富士山は雲の中、結局朝見たきりでしたね。

15時前に車のある駐車場に到着、結構車が止まっていて人も多く出店も賑わっていました。

帰りも同じルートで帰り高速は渋滞ですが下道はスイスイ
鬼ヶ岳は意外にキツイ山で高低差800m位は鈍った体にはちょっとバテました。

 

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加