さてと、今日は何処に・・・

CW移動屋JF1NDTの運用記録です。

山梨市 小楢山 SOTA JA/YN-037

2016年07月22日 | 山岳移動

7/17 何処に行こうかと悩んだが

以前あぶさんが紹介してくれた小楢山にしました。

朝2時起床2時半に出発、相模原から20号でひたすら西へ山梨に入った頃には明るくなってました。
道の駅まきおかで用を済ませ先月大弛峠に行った林道を上っていき、ダム湖の先で左折
焼山峠に5時過ぎに到着、すでに1台止まっており同じ横浜ナンバーなので向こうから声をかけてこられました。
支度をしている間にもう一台到着、こんな早朝に3グループも、ここって有名?

5時25分に駐車場を出発、しばらくアップダウンの道が続きます

すると新道or旧道の表示が、古い人間なので旧道へhi

的石? あー的のような岩が奥に

小楢峠との分岐、直進で峠へ左は山頂。

分岐からの急坂を登り少し行くと山頂でした
そして私の目に飛び込んだのはすばらしい景色 雲海

駐車場から山頂まで約1時間でしたので午前6時半、甲府盆地がすっぽり雲の下で富士山が顔を出しています、すっかり日が昇ってますがもう少し早ければ朝焼けの雲海が見れたでしょうか

  

別に狙って早朝に来たわけではなく、たまたま早起きして早朝に着いたらこんなご褒美が
しばらく広い山頂のあちこちで写真撮影し景色に見惚れていました。

さて本来の目的を思い出しアンテナ設置に取り掛かります、立ち木を利用してフルサイズに展開

  

切り株ベンチにシャックを設置

14からスタート3エリアが開けており数局交信、18へQSYこちらも345エリアからお呼び頂きTADさんも出来ました。
21はRICKさんをはじめ1エリアチェイサー各局と交信、VK2AOH/P局から呼ばれS2S成功
24に上がったがこちらはカナ振り、9時を回ったところで再び21へ降りてTNX AGN QSO
10と7にも出て少し上積みして18へQSY、こちらではUEH/0さんがカスカスで聞こえたが
信号が上がらずS2Sは断念。

スタートが早かったのでバッテリーが切れ気味になり11時前にQRTして来た道を戻りました。

帰る頃には雲が上がってきて雲海は見えませんでした、より早朝の方が綺麗です。

帰りは新道を通ってみました

登りで見た的石を真横から見るとこんなに薄かった

新道は急坂で降りるのも滑りそうで大変、登りで選択しなくて良かった。

で昼前に駐車場に戻ったら、えっキツネ?

人間なれしていて逃げない、きっとここにきて食べ物貰ってるのでしょうか?

まだいつもより時間が早いので林道探索へ、焼山峠から上に上がって乙女高原方面へ
昔はこの辺を良く車で移動運用していましたので、なんとなく判ります。
1701の1.9Mhzとかもこの辺の林道でサービスしました。

次は水が森を狙っているので周辺を探索、弓張峠に登山道入口は無かったが獣道を上がれば登山道にぶつかるかな? もう少し調べてみます。

そのまま太良ヶ峠から山梨市街へ降りて渋滞の中央道を避け20号で下道で帰りました。

今回は偶然にもとても良い体験をしました、小楢山大変良い山ですみなさんも是非
ご紹介して頂いたあぶさんにも感謝いたします、ありがとうございました。

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

笛吹市 鬼ヶ岳 SOTA JA/YN-036

2016年07月21日 | 山岳移動

7/10 富士五湖の一つ西湖の北側にある鬼ヶ岳に行ってきました。

朝4時に出発しいつもの246から籠坂峠経由で麓の根場に着いたのは7時過ぎ、ちょっと遠いので時間がかかりました。
駐車場は西湖いやしの里根場の南側に広大な駐車場があり登山のみの客は芝生のスペースに止めろと案内板にありますので遠慮なく芝生に止めました、すでに3台止まってます。

支度をして7時20分出発、途中富士山が見えたのでパチリ

鍵掛峠への登山道の標識がありましたが、今回鬼ヶ岳への最短コースなので先に進むと案内がありました。



奥に進むと堰の上に道が続いてます、4WDなら通れそうな道を奥まで行くと広場になりここに車を置けそうです。

広場の奥から登山道になります、先ずは雪頭ヶ岳を目指します

入り口に熊注意の看板があり未だ新しいのでちょっと心配・・・・

登山道はずっと登りでしかも結構な坂、最近は楽な山が多かったので久しぶりに登山って感じです

案内もあり道を間違えることはありませんね

途中開けた所から富士山方面を見たのですが朝は見えていた富士山も雲の中

駐車場を出てから2時間、やっと雪頭ヶ岳山頂に到着。


絶好の富士山ビューですが相変わらず富士山は雲の中

先に進むとコルに出てアルミはしごが

登って直ぐに頂上でした。

 

鬼の角も一本あります、富士山は雲の中

山頂は小狭い感じ

なのでアンテナは14からのショートバージョンにして設置

先ほどの倒れた標識に括り付けちゃった

岩の上に腰掛け運用、14から開始TADさんのみで呼ばれません、18も坊主、21はRICKさん他数局、VK5からもコールあり良く飛ぶようですがCONDX今一です。
TK-007移動のNIEさんがなんと430FMに居るようなので急いでザックの中からFT817付属のホイップを探し出しコール、流石にこんなアンテナではフルスケではなかったがS2S成功
その後50に切り替えてみたがあまり呼ばれず、再度14へ丁度KAWAさんが箱根の三国山から出ておりS2S成功、珍しくVK6からもコールあり。
18もあまり呼ばれず今日は交信少なめ、最後に21でバッテリーが無くなるまで運用TK-012移動のSWIさんとS2Sありがとうございました。

運用中昼前に20人位のオジオバ団体さんがこられ山頂はパンパン状態、アンテナ倒されそうになり焦りましたhi
直ぐに居なくなったので助かりましたが・・・

13時過ぎにCLし下山することに、鍵掛峠経由で降りようと思ったが時間かかりそうなので止めてピストンにしました。

相変わらず富士山は雲の中、結局朝見たきりでしたね。

15時前に車のある駐車場に到着、結構車が止まっていて人も多く出店も賑わっていました。

帰りも同じルートで帰り高速は渋滞ですが下道はスイスイ
鬼ヶ岳は意外にキツイ山で高低差800m位は鈍った体にはちょっとバテました。

 

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

笛吹市 黒岳 SOTA JA/YN-031

2016年07月03日 | 山岳移動

6/26 休日になると早朝に目が覚めるので仕方なく出かけましたhi

いつもの246御殿場から籠坂峠経由で山梨入りし河口湖を通り御坂トンネルを抜けます
トンネルを抜けて少し行くと左に林道の入り口があるのですが超判りづらい、私も通り越してしまいまた戻りました。

林道をかなり進むと日向坂峠に着き7時過ぎなので車が2台止まってます、私もUターンして一番後ろに並びました、峠のところだけ道幅がありますがスペースは4~5台が限度、すこし進んだ所にちょっとスペースがありますが1~2台かな、いずれにしても早めの到着が良いでしょう

準備して7時半に出発、峠の右から登山道です
別名どんべい峠とも言うらしい、こっちの方が良いですね。

しばらく登りが続きやがて下ったり登ったりになります

そして分岐に着きます

黒岳方面に行くとすぐ頂上でした。

 

峠から丁度1時間で登頂、案内板に200m先に展望が良いところがあると書いてあるので
行ってみました。

富士山と河口湖がバッチリです。

何処でアンテナを上げるか探しましたが、結局あまり広くないですが頂上の片隅でポールを伸ばすことに

 

何とか7Mhzまでのキボシを展開できましたが、ちょっと無理やりで枝の影響か7のSWRが悪いがそのまま運用。

14から始めると福島移動のUEHさんが聞こえ何とかS2S成功、その後18ではSWIさんとS2S、28までQSYしていきましたがそれほど国内は開いてない感じです、携帯の電波も安定せず時々圏外になり思うようにSOTAwatch2にアップできません。

18と21ではVKからコールされましたが今日はJOHNさんから呼ばれなかった

50で山岳移動局を探してコール、笠取山と三の塔をゲット、CQを出すと足和田山移動のIKCさんが強力に入感S2S TNXです。
最後に10Mhzと思いきやなにも聞こえず、ならばSWRが悪いが7Mhzへ、QRP2.5Wでは
コールされずCLの直前に城山移動のNIEさんからコールありS2Sありがとうございました。

昼を過ぎても山頂には人はまばらで皆さんきっと眺めの良い200m先の岩場で昼食を摂っていると思われます、そういう意味では山頂で運用して正解でした。

帰りは来た道を戻ります途中登りでは気づかなかった分岐があり、車を止めてあるどんべい峠の先の林道へ降りられそうです。

帰りは45分位で峠に到着

まだ15時前でしたので渋滞も無くすいすい、下道なので時間はかかりましたが18時過ぎに帰宅、峠までの林道が落石ゴロゴロで走りにくいですが、峠からの登山はお手軽で登りやすい良い山でした。

交信頂いた各局TNX

 

コメント (5)
この記事をはてなブックマークに追加

山梨市 北奥千丈岳 SOTA JA/YN-012

2016年07月01日 | 山岳移動

ちょっと多忙でブログもサボってました。

6/19に行ってきました、本当は金峰山の予定でしたが偶然にもJL1NIEさんも金峰山に登られるようなので、私は大弛峠の反対側の北奥千丈岳からS2Sを狙う事にしました。もし体力と気力が残っていれば金峰山にも挑戦する予定でしたが・・・

大弛峠は長野との県境でもあり流石に遠いので、土曜夜に自宅を出発し峠で仮眠する予定でしたが下道を利用したため勝沼に着いたのが午前1時になってしまい、あまりにも眠いので牧丘の道の駅で仮眠、大弛峠に着いたのは午前5時過ぎ、早速峠で登山準備中のNIEさんとGPYさんに御挨拶、もう出発されるようなので山頂同士の交信を約束して見送りました。しかし寒い
流石に2000mを超えるとこんなにも気温差があるのかと驚きです。

私の向かう山は去年も7月に登っており1時間未満で登頂できるのでゆっくり休んでから出発しました。

山小屋の脇を通ると延々続く階段地獄

途中金峰山も五丈岩も良く見えました

階段が終わると前国師岳山頂に到着

ここからも金峰山が良く見えます

少し下ると国師ヶ岳との分岐、去年国師ヶ岳は行ったのでスルー

で5分も進むと北奥千丈岳登頂

ここまで峠から45分でした

金峰山もバッチリ

山頂は狭くは無いのですが、登山者が多くなると予想しアンテナを何処に立てるか悩みました

ちょっと横に展開するのは気が引けたので垂直にエレメントをケーブルキャッチャーに沿わせてアース側は横に展開する形としました。

  

案の定登山者から何をされているのか?とか、昔無線をやっていたとか質問攻めに遭い集中できず難儀しました。

金峰山のNIEさんGPYさんともS2Sで交信できCONDXにも恵まれ沢山のQSOが出来ましたが、その為時間をとられ電池の残りが少なくなり、とてももう一座を運用する余裕がありません
また非常に寒く天気も怪しくなってきたので昼前にQRTして金峰山は後日という事にしました。

峠の車で昼食を摂っているとNIEさんGPYさんが下山され訪ねてこられました、しばし歓談し次回の再会を約束し帰路に付きました。

帰りも下道でゆっくりと帰りましたが渋滞には嵌りませんが時間はかかりますhi

NIEさんGPYさん初アイボールありがとうございました、また何処かでご一緒出来れば楽しいですね。

金峰山へは夏の暑い時期に涼みに行きますhi

 

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

小田原市 不動山 SOTA JA/KN-023

2016年06月17日 | 山岳移動

6/16は休みだったので不意に思い立って上記山に出かけました、最近は休みになると
何処かの山に行くことばかり考えてます、きっと病気hi

天気は昼頃から雨予報なので近くの山にしました、でも丹沢東部はあれが出そうなので
秋まで遠慮します。
よって小田原の不動山になりました。

9時頃梅林の農道を登り登山口に到着、正面の細い道が入り口です。

ぬかるんだ滑りそうな坂を登っていきます。

しばらくすると左に分かれ道が

奥に入っていくと頂上でした。

見にくいですが三角点らしきものも・・・

頂上はうっそうとしていてあまり居心地が良さそうではない

SOTAでは頂上がQRVポイントではないんですね
で、先に進みます。来た道を戻りましたが頂上の奥に道が続いていたけど何処かに降りれる?

降りて巻き道を進むと反対側からはちゃんと案内がありました、頂上へは右に登っていきます。さっきの頂上で奥にあった道がそうかな?

ポイントに向け進むと林道と交差しました。

少し登ってさらに進むと運用ポイントの鉄塔下へ到着、スマホの標高は323m
で、さっきの頂上は327m こっちの方が低いけど・・・

まーこっちの方が開けていて飛びそうなのでここでアンテナ設置、金網にポールを括り付け
運用開始。

 

14Mhzからスタート、CQかなぶりで呼ばれません
仕方なく18MhzにQSY、バンドが狭いからか聞いている人に見つかりやすいらしく
何とか呼んで頂けました、JA7からも呼ばれ弱いEsも出ているようです。

その後21と24も出てみましたが全滅、では7Mhzにと降りてみたが1Qで終わり
CONDX良くないようです。10Mhzもかなぶりで仕方なく18Mhzに再度挑戦。

蔵UPして頂けた様でJA8 JA6 あとJA3 JA4と呼ばれ何とか格好は付きました
TNX TADさん

2時間近く運用しちょっと少なめの交信でしたが12時になり雨が降り出したため
急いで撤収、そのまま来た道を戻り帰宅しました。

CONDXの悪い平日はなかなかQRPでは辛いものがありますね。

 

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

新城市 本宮山 SOTA JA/AC-017

2016年06月13日 | 山岳移動

続いて2座目は事前に調べておいた本宮山へ

ところが何を勘違いしたか茶臼山にナビの行き先をセットしてしまい、国道151号を北上
いつまで経っても到着しないので途中で調べなおしたら山の名前を間違えてたと気づき
急いで引き返すことに、1時間以上ロスしました。

151号を新城まで南下して本宮山スカイラインへ、頂上直下の駐車場に着いた時は
すでに15時過ぎ、駐車場の開門時間はなんと15時半まで 仕方ないので少し下がった
ところの道路に路駐

道路を歩いて登山道へ 入り口はここ

コンクリートの道を登ると

頂上 10分位でした、駐車場が開いていれば5分か

三角点もあります

天気も悪いし遅い時間なので人も居ません
でも登って来る人は2~3人見ました。

早速三角点の東側が広い芝生になっているので立ち木にアンテナを括り付け運用開始

  

14MhzでCQ垂れ流すが応答なし、しばらく経つとやっとWからコール貰ったレポートが
229でしたhi
その後続けても1Qのみでこれはやばい、最低あと3局はやらないとと思い7Mhzへ

こちらも最初かなぶりでしたがVRYさんに見つけて頂きしかも蔵っぷまでもTNX
その後30分間呼ばれっぱなしでした、途切れたところで雨が降り出し
他のバンドは諦め即撤収、急いで車に戻り雨には濡れずに済みました。

帰りは新しく出来た新東名新城ICからノンストップ、4時間で帰れ21時着でした。
梅雨明けまでは天気の隙間をすり抜けての山行が続きそうです。

交信頂いた各局TNX

 

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

浜松市北区 尉ヶ峰(じょうがみね)SOTA JA/SO-111

2016年06月13日 | 山岳移動

6/11~12は浜名湖畔でSCWIGのイベント(飲み会?)がありましたので行ってきました。

ついでに6/12にアクティベータしようということで、会場の湖畔の反対側に見えるこの山へ

9時に宿を出発し林道を通り山頂直下の登山口に着いたのは9時40分位

支度をして早速登山開始と言っても山頂まで20分位と超お手軽です。


この階段を登ってスタート

登りやすい坂道

途中で分岐、岩場は危なそうなので無難な道を選択hi

 

しばらく登ると先ほどの分岐と合流

さらに進むと尾根に出ました

  

あれっ頂上らしき所がもう見えてる

はい頂上 20分かからなかった。

頂上には猪の親子が居ます

早速ベンチをお借りしてアンテナ設営、この時点では誰も居ないし雨が降りそうだし今日は登山客も少ないだろうと思ったが・・・・
とんでもないお昼頃にはベンチが満員に、皆さん下から1時間半位かけて登ってくるようです。
ベンチを占領している私は肩身の狭い思いをしながらCWを叩いてましたhi

無線の方はコンディションがFBで14Mhzで近距離の国内からバンバン呼ばれます
18や21はVK/ZLからも呼ばれおなか一杯に、最後10Mhzに出たところで雨が降り出し
呼ばれないし登山客いっぱいで肩身が狭いので12時で終了。

下山はさっきの岩場を通ってみました

まー普通? 

で 車に到着。降りたら雨上がってた・・・

あまりにもあっけないのでもう一座へ行くことに

(つづく)

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

都留市 石割山(日向峰) SOTA JA/YN-049

2016年06月09日 | 山岳移動

6/7は休みだったので梅雨空の中行ってきました。

出発は遅く朝9時過ぎに自宅を出て、いつもの246経由で籠坂峠から忍野村の二十曲峠へ
もうとっくに12時を過ぎてました。

雨は上がってますがこの方角に見える富士山も霧の中

当然誰も居ません

 


支度をして出発、去年この峠に来たときは杓子山方面に行きましたが今日は反対側の石割山を目指します。

基本的に尾根道でこんな坂がだらだらと続きます

30分位で鉄塔の分岐に到着

石割山頂上まで0分ですhi

で30秒で到着、去年は下の神社から真面目に1時間以上かけて登りましたが
二十曲峠からだとこんなに簡単とは驚きです。

頂上付近は雲の中で霧雨っぽいし当然何も見えない、誰も居ないww

さてここからさっきの分岐に戻り御正体山方向に進みます。
いくつかビークを過ぎると道が熊笹に覆われてきます

道はあるのですがあまり人が通らない?
雨で葉が濡れていて薮コキしたら全身びしょびしょで最悪

虫も怖いし最悪

何とか進むとこんな標識が

道を外れて行き止まり方向に登るとお目当ての頂上

木に巻かれたテープに山名が

テープの裏に標高もありました。

昼ごはんも未だだったので腹ごしらえしてからアンテナ設置場所を捜索
丁度少し下がったところが木を伐採してあるところがあり小広くなっているのでそこにキボシを立てました。

 

時々霧雨が降ってくる中14Mhzから開始早速VK5からコール、419貰いましたが何とか飛んでいるようです、交信後FT817のパワー設定を見るとなんと1W送信でやってました
前回最後にパワーを下げておいてそのままの設定でした、良く届いたなと驚きです。

パワーを5Wに戻しCQ再開、呼ばれなくなったので18MhzにQSY、EsのようでJA6からもコールあり1エリアを中心にコール頂けました。途切れたところで21Mhzへ、こちらはVKから3局もコールされ後は関東中心でした、VKは599同士のリポで強力でした。

ここで雨が強くなり開始から1時間たったのでCL 時間も16時なので急いで下山します
来た道を引き返しまた熊笹を掻き分けて進みましたが頂上でレインスーツを着たので今度は濡れずにすみました。

峠の車に着いたのは17時、急いで帰りましたが結局家に着いたのは20時近く
午後からの登山にはちょっと遠いので無理がありますが楽しい休日でした。

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

足柄上郡山北町菰釣山(こもつるし) SOTA JA/KN-005

2016年05月30日 | 山岳移動

5/29は予定通り菰釣山へ行ってきました。

朝5時に自宅を出発、いつもの通り246で小山町から山中湖、道志村と進みます。
途中小山の道の駅でSotaWatchを見るとIHVさんがSO-051から21に出ているので、あわててモビホを設置してコール、強力聞こえポイント頂きましたTNX

道志の森キャンプ場の奥の林道を進みゲートの前に駐車したのは7時過ぎでした。

支度をして7時半に出発、しばらくは林道を進みます
登山道の入り口の標識がありましたが、あやうく見逃すところでした。

そして沢登りが続きます、増水すると通れないので注意
そして涸沢登り、結構急坂です

登り切ったら尾根に出ました、右へ行きます。

避難小屋のようです割と綺麗

急坂は無いですが尾根伝いに登りが続きます

やっと頂上到着、1時間弱でした。
暑いので汗だくです

頂上から富士山も良く見えます。

 頂上は広くは無いがアンテナ展開できそうな場所がいくつかあります、テーブルも二つありますが他の登山者の為に使用は控えて、倒木の上にシャックを設置しました。
今回アンテナとシャックの写真を撮るの忘れましたhi

WPXのため今日はWARCバンドのみの予定です、早速18Mhzから開始、Esのようでバンド内混んでいました、途中から周波数乗っ取られるし開けすぎも良し悪しです、ZLとWからもコールあり国内全エリア聞こえます。
そして24MhzにQSY、こちらも北から南まで聞こえます、ZLのJohnさんもまた呼んできましたこちらのバンドの方が強力です。
昼近くになりアンテナを10Mhzに切り替え出ようとしたところ、登ってきた方が「何メガですか?」と聞かれ「10メガです」と答えると「50メガ出てもいいですか?」と言うので「どうぞどうぞ」と・・・ それからは運用そっちのけでそのOMさんのコンパクトに収納された三脚付きのアンテナに感心しピコ6Sの交信実演をそばで拝見したりで、こちらのログは10Mhzの2Qしか進まず
その他山のお話やらとすっかり話し込んでしまい14時近くなったところで撤収、もちろん最後に50Mhzで至近距離QSO、これってS2Sなるのかな?
また山での再会を約束して下山されていきました、色々と楽しいお話をありがとうございました

そのOMさんの50Mhz3ELHB9です、下のソーラーは頂上に設置されていた観測機器です。

三脚に釣竿が埋め込んであり八木のブームにエレメントが全て収まるようになっていました。

帰りはピストンで50分程で車に到着

もっと辛い山と想像していましたが標高の割には意外と楽でした、また偶然の出会いもあり楽しい一日でした。

 

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

相模原市緑区 石老山 SOTA JA/KN-018

2016年05月28日 | 山岳移動

5/27は休みで10時頃には朝から降っていた雨も止んだので何処かの山へ行こうととりあえず自宅を出発。

近場で行ってない山ということでウロウロしましたが、駐車場の門限がない事と1時間弱で登れるということで石老山にしました。

相模湖病院の駐車場に着いたのは昼過ぎ

初めて着ましたがちゃんと登山者用の駐車スペースが確保されていて凄いです
支度をして12時半に登山開始
お寺を通過して分岐点に着き展望台方面に行ってみました

 

桜の季節なら良いところですね

しばらくすると見晴台

生憎曇りで良く見えません

かなり登ったところに んっ あと3分?

本当に3分で頂上到着、1時間半位でした。

昼飯もまだだったので腹ごしらえ

頂上は広くテーブルも沢山あり、しかも誰も居ないので独り占め
アンテナも張り放題、一つしか持ってませんが・・・

 

早速14からスタート、初っ端からZL次はWと今日は良い感じ
18に上がるとVKそしてF何とかからコール えー EU?
と思ったらFWでしたhi
21でもVKから連続コール、時間も無いのでまた最後に14に戻ったらまたW
午後は結構14が良い感じでした、たまには時間をずらすと面白いですね。

2時間運用して23Qでした、平日の午後HF3バンドのみにしては上出来
50分位で下山し家路に付きましたが帰宅渋滞で遅くなってしまった・・・

急に思い立って出かけましたが充分楽しめました。
交信頂いた各局、ありがとうございました。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加