読書感想とロードバイク日記2

週末のお天気の日にロードで走っています。晴耕雨読ならぬ、晴れたらバイク、雨の日は読書の日々

「墜落の夏」

2017年07月27日 | 日記
吉岡忍(新潮文庫)

 このJALの事故は日本にいなかった時に起こった。最近何かのきっかけで本書を読んでみたいと思い手に取ったもの。うたい文句通り、一番正確なかつ冷静なノンフィクションと言っていい。

 実際のあの事故についてある程度正確な知識を得ることができた。死者520名、生存者4名、有名な遺書を書いた方々が5名。これだけ大勢の事故ともなると、一人一人にドラマがあるのだろう。

 内容紹介は
『1985年8月12日、日航123便ジャンボ機が32分間の迷走の果てに墜落し、急峻な山中に520名の生命が失われた。いったい何が、なぜ、と問う暇もなく、遺族をはじめとする人々は空前のできごとに否応無く翻弄されていく…。国内最大の航空機事故を細密に追い、ジャンボに象徴される現代の巨大システムの本質にまで迫る、渾身のノンフィクション。講談社ノンフィクション賞受賞。』

・・・結局事故原因は判然としないが、現代は本書に言うとおり巨大なシステムに支えられそれを動かすことによって存在していることを思い出させる。名著のひとつです。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「浮世に言い忘れたこと」 | トップ | 「バブル」 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL