読書感想とロードバイク日記2

週末のお天気の日にロードで走っています。晴耕雨読ならぬ、晴れたらバイク、雨の日は読書の日々

「息子ってヤツは」

2016年12月20日 | 日記
室井佑月(毎日新聞出版)

小学生の中学受験奮戦記なんだけれど、この子が非常にユニーク。
お母さんである室井さんはたまにテレビのコメンテイターとして拝見するが、こんなお子さんがいたのね、ってことですね。
確かにシングルマザーだったら男の子を全寮制?の中高一貫校にでも入れなければ育てるのも大変だろうなという気になるでしょうね。特にこの息子くん、どうやったらこんなに面白く育つんだ?という子どもですから。

内容紹介は
『「あんた勉強が好きだから」という言葉を、くり返し使うのがミソである。そういう地道な努力をすること3日間。すると息子は、「さあ、勉強すっかな。オレって勉強、好きだよな」なんてことをいいながら、実際に勉強しはじめたりするから驚きだ。――母子二人三脚で挑んだ受験を描く、抱腹絶倒の奮闘記。フリーマガジン「5L」(ファイブエル)にて好評連載中のエッセイ、ゆづきいづる氏による書き下ろし3コマ漫画を加えて、待望の書籍化。小3~高1までの8年分の珍エピソードに、子育て経験者の女性たちから共感の声、続々! ! 母は、勉強嫌いな息子をいかに受験合格に導いたのか?室井流「男育成」のカギがここに! ! 「息子には、生きる意味や自分の居場所を見つけてほしい」――。そんな母の願いからはじまった、 地方の中高一貫校をめざす、母子二人三脚による「受験」という闘い。入塾テストから始まり、受験を前にした小学校生活、震災を境に変化した「勉強」の意義......。息子を育てる悩める日々、そして子育てをしているから見えてくる「何かがおかしい」日本社会の姿を、室井節で痛快に斬りつつも、母としての柔らかな感性で綴る。すべての母親の心を揺さぶる、笑いと愛に満ちた、8年ぶりの新刊!』

ホント可笑しいのですよ。
子育て中のみなさん、参考になりますよ。
読み物としても面白い。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「ネットと愛国」 | トップ | 「千年の黙」 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL