読書感想とロードバイク日記2

週末のお天気の日にロードで走っています。晴耕雨読ならぬ、晴れたらバイク、雨の日は読書の日々

「片翼の折鶴」

2017年03月19日 | 日記
浅ノ宮 遼(東京創元社)

 ミステリを医学用語で舞台は病院やら医学部やらにして書いたらこうなるという本ですわ。
 専門用語がいっぱい出てくるので、読みにくいと思う人も少なくないと思われるが、まあ、面白かった。用語が鼻につくけど・・・

内容紹介は
『第11回ミステリーズ! 新人賞受賞作
 医科大学の脳外科臨床講義。第一回目だというのに、初老の講師は意外な課題を学生たちに投げかけた。患者の脳にあった病変が消えてしまった、その理由を考えてみろというのだ。学生たちは推論を重ねていくが一向に正解にたどり着けない。しかし、西丸という学生ただ一人が、その意外な真相を導き出す―。選考委員が絶賛した第十一回ミステリーズ!新人賞受賞作「消えた脳病変」ほか、臨床医師として活躍するその後の西丸の姿を描いた四編を収めた連作ミステリ集。現役医師が贈る、“臨床探偵”西丸豊の静かな推理』

著者略歴
浅ノ宮/遼
1978年生まれ。新潟大学医学部卒。2014年、「消えた脳病変」で第11回ミステリーズ!新人賞を受賞。現在も医師として活躍する傍ら、精力的に執筆を続けている。

・・・「消えた脳病変」が一番面白かったかな?医学用語に詳しくなるかも?


 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「言ってはいけないー残酷す... | トップ | 「ツバキ文具店」 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL