読書感想とロードバイク日記2

週末のお天気の日にロードで走っています。晴耕雨読ならぬ、晴れたらバイク、雨の日は読書の日々

「あきれた紳士の国イギリス」

2017年06月15日 | 日記
加藤 雅之(平凡社新書)

 副題が「ロンドンで専業主夫をやってみた」である。
 著者が妻のロンドン転勤に伴い通信社を辞め、家事と小学生の娘の世話に専念することになった。そこで見えてきた「紳士の国」の素顔とは・・・なんだけど、別に紳士のくにだからというものでもない。どこだって人間だもの、同じでしょ、ってわけ。
 外国暮らしん人は多いけれど、『主夫』というのは珍しい。奥さんが稼ぎが多かったりそのキャリアを活かしたいという場合は日本でもありですね。貴重な体験です。一味違った外国暮らしです。面白い。

内容紹介(平凡社の案内から)
『通信社の国際派記者が妻の転勤にともない会社を辞め、ロンドンで家事と小学生の娘の世話に専念することに。それまでの生活から一変、娘を学校に送り迎えする日々。車に乗ればクラクションを鳴らしまくり、狭い道を飛ばすのがイギリス流。それなのに、時間に遅れてもネバーマインド。
「紳士の国」の実態を専業主夫の目線でユーモラスに描く』

・・・イギリスは旅行では行くのだが、特にイギリス人の奥さんたちと話をするような世界はなかなかないであろうね。特に後半で、キッチンから見た英国の食材の話が面白かった。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「乱読のセレンディピティ」 | トップ | 「おばちゃんたちのいるところ」 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL