三十路オタの個人メモ

アニメ、ゲーム、競馬など

2017年1月30日までの競馬

2017-01-30 16:54:04 | 競馬
先週の競馬話です

交流重賞のTCK女王盃ワンミリオンスが条件戦から3連勝で重賞初勝利
父ゴールドアリュール、母シーズインポッシブル(母父Yankee Victor)

近親にテスタマッタ(12年フェブラリーS)がいるアメリカ系のダート血統ですね
ホワイトフーガに勝ったことで今年の牝馬限定交流重賞の常連になりそうです


根岸Sは直線一気の末脚炸裂でカフジテイクが重賞初勝利
父プリサイスエンド、母テイクザケイク(母父スキャン)

半兄にテイクアベット(12年サマーチャンピオン)
ブロードアピールを彷彿とさせる追い込みっぷりで人気が出そう


シルクロードSダンスディレクターがこのレース連覇
父アルデバラン2、母マザーリーフ(母父サンデーサイレンス)【クレイグダーロッチ系】

3代母にあたるパワフルレディからはウイニングチケット・ロイヤルタッチの兄弟が出ています
いわゆるクレイグダーロッチ系という日本古来の名牝系ですね
もはや重賞ではほとんど見かけることがなくなった牝系なのでちょっと嬉しくなります


最後にアメリカ競馬
今年から鳴り物入りで開催されることとなったペガサスワールドカップ
勝ったのはArrogateでした
父Unbridled's Song、母Bubbler(母父Distorted Humor)

3代母がG1レース6勝の超名牝Meadow Star
これでダートでは現役最強を証明ですね

一騎打ちが期待されたCalifornia Chromeは直線で馬群に沈み9着
怪我してるかも?という話もあるみたいで引退レースとはいえ残念な結果でした
Tapit以外のPulpitのラインはおそらくこの馬が最後の砦になりそうなので種牡馬として期待しています
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 第3次スーパーロボット大戦Z ... | トップ | 第3次スーパーロボット大戦Z ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

競馬」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。