籔野奥細道

Snorken vandringsled

御寂山辺蟲憐寺々領林 チョウ目録

ルリタテハ

2017-03-20 00:25:37 | タテハチョウ亜科

東京都国立市 16.FEB.'15

淡いスバル斑が何とか確認できる個体。



スバル型 東京都小平市 17.OCT.'10

小さいスバル斑が出現している。(上)

クヌギにて。

画像枠外に更に本種が3頭 ヒカゲチョウ3頭がとまっていた。

狭い範囲で本種を6頭も見るのは初めてだ。

 

 

連星型 東京都町田市 18.MAR.'17

軽微なスバル斑が確認できるが 後翅にも及んでおり 少ない例と思われる。

勝手に連星斑と呼ぶ事にした。

〝スバル〟ではなく〝昴〟そのものが六連星(むつらぼし)であり 〝すばる〟はたくさんのものをむすんで一つにまとめるという意味の言葉から来ているので 〝連星斑〟が的を射た呼称だとは言い難いが…。


流星型 同産地 21.MAR.'16

軽微な流星斑が確認できる。

 

スバル型 同産地  29.MAR.'16

軽微なスバル斑が確認できる。

 

同産地 13.OCT.'08

 

 

沖縄県本部町 水納島 15.AUG.'14

『虫』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« テングチョウ | トップ | モンキチョウ »
最近の画像もっと見る

あわせて読む