雨にも負けず山歩き♪

青空を見上げながらも、しっかり足もとを見つめて歩く自然観察情報!

大熊山(1628.5m)

2010年11月09日 | 富山県の山

冠雪の剱岳
 

2010/11/04(木)  剱岳の展望台 … 大熊山 (1628.5m)

金沢森本IC(6:25)〜立山IC〜登山口P(8:05)→登山口(8:15)→1264mピーク(10:00)→
大熊山(12:00〜13:00)→1264mピーク(14:00)→登山口(15:10)→登山口P(15:20)


新雪を2時間歩く 。。。

早朝4時半、目覚めると細い三日月がビルのすぐ上に輝き、周りには星もキラキラ…
富山市内に住んでいた頃は、視界が良ければ当たり前のように見えていた北アルプスだったが
今日は剱岳の展望台 大熊山…久々に剱岳に会えそうで、星の輝く窓を覗きながら嬉しくなった
それにしても大熊山?今年は北陸3県で熊の出没が相次いでいて、名前の由来が気になるところだ (^^ゞ

高速を走りながら、正面にドンと構えて見えている剱岳が白っぽい、もしや冠雪している?
11月に入って降り続いていた雨が、山では雪になっていたようで、青空と紅葉と冠雪への期待度アップ!

大熊山は積雪期にコット谷からのルートしかなく、今春に行く予定だったが通行止めで中止となった山。
時期は不明だが新しい登山道が整備されたらしく、無雪期でも登れるようになったという情報!
Nさん、Kさんの下調べのおかげで、一度登ってみたかった大熊山へ…いざっ

登り始めから急登の連続!半端じゃない急登の箇所には虎ロープが張られていた(4〜5か所)
登山口の標高が720mで、1264mピークまでの標高差540m程は、ちょっと辛い登りだったが
立山杉と思える見事な枝っぷりの杉を左右に見ながら、時には出っ張った根っこを大股で越えたり
杉の下で一息ついたり、そうして登っているうちに、1000m辺りから枯れ葉の上に雪がチラチラ…
わ〜雪だ〜と、はしゃいでいたが、1200m辺りからは本格的な雪道となり、積雪35cm程のラッセル!
と言っても、少し先を行く男性らしき大きな足跡を辿ったので、私達は楽々だったのでした (^.^)v

1264mピークからは緩やかな尾根の登りとなり、時々振り向くと木々の間に剱岳が見えていたので
山頂での全貌を期待しつつ、足は雪に取られつつ、気持はどんどん前に進む。

そして山頂では積雪の多さにも驚いたが、目の前に広がる期待通りの眺望にうっとり (@_@。
高岡から一人で来たと言う男性と4人で、山談義をしながら、今日と言う日に来れた事を共に喜んだ

下山はと言うと、雪の中を飛ぶように滑り下りる Kさんに必至で着いて行こうとして、しりもち3回 (>_<)
1264m尾根まではしりもちで済んだけど、この先の下山は滑ったら谷に落ちるので
かなり緊張の下山だったが、KさんNさんは相変わらず身軽な足取りで、鍛え方に大差あり!

取りあえず無事に下山できて、紅葉はこれから見頃になりそうな金沢市内に戻ったが
今シーズン初、あのキラキラした新雪をサクサクと歩いた嬉しいおまけの出来事が、頭から離れない。


道中、早月川沿いの景観を楽しむ



早朝は逆光になってしまったが、左から… 赤谷山、 白萩山、 赤ハゲ、 白ハゲ、 大窓、 池平山
そしてその先(右)には、剱岳の頭も見えていた。


  
登山口は馬場島へ行く途中、発電所手前にある小又川に架かる小又橋直前の林道を、右に入って行く!
舗装のない砂利道の車道で、1Km程進むと通行止めの看板と鎖止めがあり、手前に駐車。
ちなみに看板には「立入禁止」の文字が…(^^ゞ 「熊の発生が多発している」とも書いてある (@_@。
何か日本語の使い方変かも?まぁ深く考えず、単に車両通行止めだと思って、鎖を潜るべし!

車道を10分程歩いて、ヘアピンカーブの先が登山口!(右画像)は登山口から振り返って撮った画像。
案内表示は何も無かったが、ここから2〜3分の林道歩きの後、左手の尾根を登って行く!


  
駐車場から登山口までの車道で眼下に見えていた、水色の小又橋と、遠くには白く輝く山々…


  
白い山をアップで…見た目では、木々に積もったふわふわの雪が、もっとキラキラと眩しい美しさだった!


 天然杉を見ながら急坂を登る!


 
登山道では大きな 天然杉 が沢山見られた。            標高1000m辺りから雪がチラチラ…


 
登り始めて1時間ちょっとで、頭に傘のような雲が覆う 剱岳早月尾根 が見えていた!



肉眼では分からなかったが、画像をアップにして見ると、早月小屋 (画像中央)らしき建物が見えている。
こうして見ると、剱岳登山で前泊する小屋としては、何だか一番凄い場所にあるような気がする!

 

更に5分ほど進むと、日が高くなり日差しが届いた 白ハゲ 〜 赤谷山 (赤谷のピークは写っていないが) 


大きな天然杉の間を登る!


 
1264mピークまでは大きな杉が多いが、赤いテープが細い木などにしっかり巻かれていて、迷う事はない。


1264mピークからの尾根道は、大きく90度右に曲がる!



尾根に入って20分程で、右手眼下に見えたのは 早月川 と、その先は滑川市と富山湾のようだった。

 
  益々雪は深くなり…


 
この辺りで積雪30cm位、無風だったが新雪の上に枯れ葉が落ちていて、風情あり (^.^)

 

高度を上げながら時々後ろを振り向くと、木々の間がパッと開ける場所がある!
尾根に入って1時間10分位で、赤谷山〜白ハゲ が一番綺麗に見えた(この後山頂では雲が掛かる)

 

赤谷山から続く 、毛勝三山 … ブナクラ谷の奥に、後ろ立山連峰がチラッと見えていた!

 

山頂手前はやや広く、山頂はこの先のピーク!ここで熊の足跡発見  う〜んそれっぽい (>_<)


大熊山頂に到着!


 
山頂(左画像)と、山頂の看板(右画像)…埋もれていた三角点は、この後男性が掘り出してくれた!

 
大熊山は目前がパノラマ大展望 。。。



剱岳 の山頂に、やや掛かっていた雲の晴れ間を撮る! 


 
残雪とは違い、剱岳 全体がパウダースノーで白くて美しい!


 
剱御前



奥大日岳



早乙女岳 、大日岳 、 奥大日岳

 

パノラマ (1)



パノラマ (2)


下山前半は、雪道を滑りながら下る!

昼休憩の間にも、赤谷山や毛勝三山の頭にはどんどん雲が停滞し始めていたが
剱岳は私達の下山を待っていてくれたようで、腰を上げた直後から徐々に姿を消して行った!


 
駐車場までの林道歩きは、なかなかの紅葉が楽しめた!
右画像は、林道を横切りかなりの勢いで早月川に流れる雪解け水、ここにも川の流れの原点あり!
大熊山は積雪期の春先に、コット谷からのルートでもう一度訪れてみたい山であった。

 

 

ジャンル:
富山県
キーワード
パウダースノー ヘアピンカーブ 名前の由来 北アルプス
コメント (8) |  トラックバック (0) |  この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加 mixiチェック
« 三方岩岳〜野谷荘司山 | トップ | 東海自然歩道 比叡山〜大原を歩... »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
大熊山 (77)
2010-11-11 12:56:26
馬場島周辺は剱岳の展望台の山々が多いと思うが、今回初めて登った大熊山は剱岳から近すぎず、遠からずと良い距離にあり私的には一番かなーと思った。この日は風もなく日差しもあり本当にいい日に登れラッキー。
表紙の剱岳、迫力抜群同じような場所から写したと思うがこんな風には撮れません
77 さんへ (snoopy)
2010-11-11 20:06:10
早速のコメントありがとうございます。
富山に住んでいた時は常に剱岳を意識して、見える日も見えない日も空を眺めていました。
折戸橋まで何度か車を走らせた事も… (^^ゞ
何処から見ても剱岳は存在感があるけど、山を知り尽くしている 77 さんが一番だと言う場所に行けて幸せ (*^_^*)
絶景ですね (白山市民)
2010-11-12 00:06:38
こんにちは
初めまして
いつもブログ拝見させてもらってました
このブログで千石城山を知り自分もいつかは行きたいなと思ってた時に大熊山の記事出ていてしかも超絶景でおもわず書き込みしてしまいました。本当に綺麗な景色で感動です、生で見てみたいとおもいました。これからも綺麗な景色楽しみにしています。
白山市民さんへ (snoopy)
2010-11-12 09:50:41
始めまして!コメントありがとうございます。
千石城山は短時間で気軽に登れて、剱岳の展望が楽しめる山でした。
他にも身近な展望台として、中山、城ヶ平山、ハゲ山からの剱岳も一見の価値ありです!
いつか是非登って、生で見てきて下さいね (^.^)
それから、いつもブログにご訪問頂きありがとうございます。
これからもどうぞよろしくお願いします。
Unknown (立山の麓から)
2010-11-12 13:33:12
こんにちは。
ご無沙汰しています。
素晴らしい剱岳の雄姿ですね。 
お見事な写真ですが、それにしても良い天気に恵まれ良き山行でしたね。

最近天候の良くない日が続いており、このような剱岳眺められません。
立山の麓からさんへ (snoopy)
2010-11-12 21:49:06
コメントありがとうございます! こちらこそご無沙汰しております。
昨年の今頃、11月に入ってからは10日間晴天が続いたのですが( 干し柿を作っていたので覚えていました )
北陸は何ともパッとしない天候の毎日ですね!
そんな中で大熊山は良い天気に恵まれ、パウダースノーの剱岳を望めて良き山行でした (^.^)v
立山の麓さんのご自宅から剱岳が眺められるのは、とても羨ましいです!
そんな環境に住んでいたら、今日の剱岳はどうかな?と、毎日天候が気になりますよね。
よだれがでます (熊よけ)
2010-12-04 23:17:27
10月末に大熊山へ行く予定でしたが雨天のため中止になりました。それからすぐに登頂したことをしりました。登山道がついた事を知る人は少ないはずなので、驚きと羨ましさが?でも詳しい報告とすばらしい山々を見せてもらい、登れたような気持ちと今度こそとの思いです。
熊よけさんへ (snoopy)
2010-12-06 09:06:53
熊よけさん始めまして! コメントありがとうございます。
そうでしたか! 1264ピークまでの急坂は雨だと滑るので、特に下りは危険だったでしょう。
晴天の日には素晴らしい展望なので、是非挑戦して下さいね! 熊よけ持参で… (^^ゞ

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。