宮城県北トレッキング 草木と遊ぶ

宮城県北部の山野を歩き回り、季節ごとの草花や果実を撮影し、その特徴や自生地の環境等について記録する。

新地町のテイカカズラ

2017-06-14 | 日記
福島県新地町北西部、福田地区の県道を歩いていると、沿道の杉の木につるが
絡まって白い花を咲かせています。花がスクリューのように捩れていますから、テイカカズラ
の花ですね。近くの他の杉にも絡んでいて、白い花をたくさん咲かせています。
ただ、花の盛りは過ぎていて、色がくすんだり形が傷んでいたりで、写真にはなりませんね。
日当たりの良い場所の花ほど、傷みが進んでいます。

宮城県北ではテイカカズラの花は、海岸寄りでないとなかなか見られません。
それが新地町では6~7km内陸でも、道路沿いの林で無造作に咲いていますから、それだけ
気候が温暖なのでしょうね。写真のテイカカズラは更に西へ上った、杉林内で撮りました。




                             二枚とも2017.6.10撮影

テイカカズラはキョウチクトウ科の植物ですから、キョウチクトウ同様に有毒植物で、葉や枝
など全草に毒性があり、誤食すると嘔吐や麻痺を惹き起こす恐れがあります。
また、樹液に触れるとカブレます。漢方では解熱や強壮などの薬用にも用いられますが、
前述のように毒性があるので一般での使用は慎まねばならないでしょう。
有毒成分はトラチェロシド、ルテオニン等。


                                 2017.6.10撮影

テイカカズラについては昨年の6月に観察して記事をアップしています。
属性や特徴については、下の青字をクリックして参照願います。
テイカカズラ スクリュー形の白花
ジャンル:
植物
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 樹陰のサイハイラン | トップ | 懐かしいクワの実 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL