宮城県北トレッキング 草木と遊ぶ

宮城県北部の山野を歩き回り、季節ごとの草花や果実を撮影し、その特徴や自生地の環境等について記録する。

山田川流域のクモノスシダ

2017-03-21 | 日記
二股川支流奥地では、広範に杉の伐採が行われていたため、午前中で踏査を
切り上げました。そこで前から気になっていた、隣接する気仙沼市本吉町の山田川
流域の、岩壁に的を絞って羊歯類の観察をすることにしました。

川近くの岩壁は湿気の供給があることから、珍しい羊歯が着生している可能性が
あります。最初に訪れた西向きの岩壁は、午後になると陽射しが当たりますが、道路と
岩壁の間に構造物が設けられていて、陽射しを遮っています。
隙間から内側に入りこむと、陰湿な岩壁を好むクモノスシダが見つかりました。




                            二枚とも2015.12.13撮影

クモノスシダは石灰岩を好んで着生するのですが、ここは普通の頁岩のように見えます。
広くコケが着生しているのでざっと見ただけですけどね。
車で移動しながらの観察は、気が急いて雑になってしまいます。
ここは川が近い上に、構造物の陰になっていますから、彼らにとっては絶好の生育場所
で、子株がたくさん生じていますから、さらに株数が増えることでしょう。
人間が荒らさないことを祈りたいですね。


                                2015.12.13撮影

チャセンシダ科チャセンシダ属の常緑性羊歯植物で、北海道~九州に分布する。
中国東北部やシベリアにも分布しており、北方型の羊歯に分類される。
山地や渓谷の、湿気のある石灰岩の大岩や岩壁に着生する。
葉の幅は1~2cm、基部はくさび形で、葉先が長くつる状に伸び、岩の割目や苔に
接すると芽を出し、新しい個体を増やす。
葉裏のソーラスは不規則に散在する。

奥羽山系の安山岩質の岩壁でも自生を確認しており、石灰分同様に珪酸分を好む
可能性もありそうです。

ジャンル:
植物
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ビロードシダ 岩壁の希少種 | トップ | セキショウ 河畔に群生 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL