宮城県北トレッキング 草木と遊ぶ

宮城県北部の山野を歩き回り、季節ごとの草花や果実を撮影し、その特徴や自生地の環境等について記録する。

野蒜ヶ丘のシロバナシナガワハギ 

2017-06-30 | 日記
東松島市野蒜地区の、丘陵上のニュータウンへ上がって行く市道法面に咲いていた、
シロバナシナガワハギの花です。先にアップしたシナガワハギの、すぐ脇に咲いていま
したから、共に法面緑化用に吹き付けられた種子から育ったのかも知れませんね。






                             三枚とも2017.6.23撮影

マメ科シナガワハギ属の1~2年草で、ユーラシア大陸原産の帰化植物。
茎は直立又は斜上し、多数枝分かれする。葉は3小葉からなり、小葉は倒披針形で長さ2cmほど、
縁に鋸歯があり、青緑色。托葉は針状で、1脈がある。
花期は6~8月で、 葉腋に長さ3~10cmの総状花序を出し、白色の蝶形花を多数付ける。
花は長さ5~7mm、翼弁と竜骨弁はほぼ同長。萼は5裂する。
果実は長さ4~5mmの惰円形で、表面に亀の甲羅のような網目状の脈がある。
果実は1個の種子をもち、熟しても裂開しない。
ジャンル:
植物
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 野蒜ヶ丘のシナガワハギ | トップ | 林道沿いのオニシモツケ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL