宮城県北トレッキング 草木と遊ぶ

宮城県北部の山野を歩き回り、季節ごとの草花や果実を撮影し、その特徴や自生地の環境等について記録する。

林道法面のノギラン

2017-03-06 | 日記
花泉町永井地区の、なだらかな丘陵上の林道を上って行くと、木蔭になった
林道法面に、白っぽい花穂状の花がいくつか咲いています。
キンコウカ科(旧ユリ科)の、ノギランの花です。
根生葉の形が、ショウジョウバカマの葉にそっくりですね。




                             二枚とも2016.7.8撮影

「ノギ」を漢字表記すると「芒」で、稲や麦などのイネ科植物の穂に付いている、各穀粒
の先から出ている針状の突起のことです。ノギランの花びらの先の尖った様子が、この
ノギに似ていることから付けられた名前でしょう。

写真のように土が崩れている林道法面とか、湿り気のある斜面の草地などに自生して
いて、あまり日当たりにはこだわらないようです。


                                 2016.7.8撮影

キンコウカ科ソクシンラン属の多年草で、北海道~九州に分布する。
山地の草地や林道沿いなどに自生し、根茎は短く直立し、多くのひげ根がある。
葉は根生してロゼット状になり、ショウジョウバカマに似ている。
葉は倒披針形でやや鈍頭、長さ8~20cm、葉表にはやや光沢がある。
花期は7~8月で、高さ15~50cmの花茎を伸ばして、ときに分枝し、先端に穂状花序
を出して、多数の小花を付ける。花序の下につく苞は小さく、線形。小苞も小さい線形。
花柄は長さ2~4mm、花被片は線状披針形で長さ6~8mm、白色~淡黄褐色。
雄しべは6個で花被片より短い。花糸は無毛。葯の色は橙色。花粉は白色。
雌しべの柱頭は3裂する。花茎や花被には腺点がなく、同属のネバリノギランの
ように粘らない。果実は蒴果で長さ5.5~6.5mm、先が尖った卵形。
種子は長さ0.7mmほどの楕円形で褐色。
ジャンル:
植物
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« オオセンナリ 南米原産 | トップ | ケンポナシの花 貴重な蜜源 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL