宮城県北トレッキング 草木と遊ぶ

宮城県北部の山野を歩き回り、季節ごとの草花や果実を撮影し、その特徴や自生地の環境等について記録する。

イヌザンショウ 淡黄緑色の花序

2017-07-29 | 日記
石巻市雄勝町の峠崎道路を歩いていると、沿道の林縁に淡い黄緑色の花を付けた低木が
茂っているのを見付けました。歩み寄るとイヌザンショウの木ですね。
そう言えば、数年前に果実を観察したのもこの辺りだったような気がしますから、その時
の木なのかも知れません。




                            二枚とも2017.7.19撮影

イヌザンショウは頭にイヌが付くように、香りが悪いので香辛料としては用いられませんが、
外用薬として使用する例があるようです。
果実、樹皮、葉などを乾かして粉末にしたものを、小麦粉に混ぜて酢と混ぜて練り、湿布の
ようにして患部に貼ると、乳腺炎や腫れ物、打ち身などに効くとされます。


                                2017.7.19撮影

イヌザンショウは2015年の9月に果実を観察し、記事をアップしています。
属性や特徴などは、下の青字をクリックして参照願います。
イヌザンショウ 紫褐色の実


ジャンル:
植物
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 海岸草地のハマイブキボウフウ | トップ | オオハンゴンソウ 駆除の対象 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL