宮城県北トレッキング 草木と遊ぶ

宮城県北部の山野を歩き回り、季節ごとの草花や果実を撮影し、その特徴や自生地の環境等について記録する。

鹿島台丘陵のマキノスミレ

2017-04-18 | 日記
大崎市鹿島台の西部、大迫地区の丘陵上の林道を歩いていると、日の当たる林縁に、
紫色の小さなスミレが一株だけ咲いています。
葉の裏が赤シソのような色ですから、マキノスミレでしょうね。
林道を外れて、南向きで日当たりの良い谷斜面を下っていくと、太い木の根方あたりや、
乾き気味の凸地形などに点々と咲いています。
踏査したエリアでは、何株かが寄り添うとか、群れて咲いているのは見ませんでしたね。




                            二枚とも2017.4.16撮影

マキノスミレを漢字表記すると「牧野菫」となります。植物学者の牧野富太郎博士に因んで
命名されたというのが定説になっています。
西日本に広く分布するシハイスミレの東~北日本型のスミレで、葉裏は濃紅紫色を帯びます。
シハイスミレは花後も葉裏は紫色のままですが、マキノスミレは緑色に戻るのだそうです。
花が終わった頃に、それを確認しておきたいものです。




                            二枚とも2017.4.16撮影

スミレ科スミレ属の多年草で、近畿以北の本州に分布する。
丘陵~山地の林縁や、明るい林内に自生する。
地上茎のないタイプのスミレで、西日本に多いシハイスミレの変種。
葉は直立する傾向があり、一株あたりの葉数は2~3枚。
葉身は細長い披針形で、長さ2.5~4.5cm、幅0.8~1.5cm。先端は尖り、基部は心形。
葉表は濃緑色でやや光沢があり、葉裏は濃紅紫色。
花期は4~5月で、花は直径1.2~1.5cmで淡紅色~紅紫色。側弁に毛がなく、距は花色と
ほぼ同色、長めの円筒状で長さ5~7mm、やや上に反り返る。
果実は茶褐色で丸く、紅色の斑点がある。
ジャンル:
植物
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ウマノミツバのロゼット葉 | トップ | ウチワゴケ 超小型羊歯 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL