宮城県北トレッキング 草木と遊ぶ

宮城県北部の山野を歩き回り、季節ごとの草花や果実を撮影し、その特徴や自生地の環境等について記録する。

林床のヤマネコノメソウ 

2017-03-15 | 日記
ワサビの花を観察すべく訪れた、藤沢町大籠地区の二股川上流域で、林道から沢に
下る途中、ネコノメソウの仲間を見つけました。
ネコノメソウは沢とか湿地の水辺に自生しますから、雑木林の林床に生えている
のは別の種でしょう。 自生環境と、茎葉が互生していることからヤマネコノメソウ
と思われます。普通はもっと草丈があるのですが、ここの株は丈が低いですね。




                             二枚とも2016.4.20撮影

ネコノメソウを漢字表記すると「猫の目草」となります。
名前の由来は、果実が二つに裂け、茶色の種子が細くのぞいて見える様子が、
瞳孔を閉じた猫の目を連想させるからとか。
それが下の写真ですが、そんな風に見えますかね。

ヤマネコノメソウが多年草なのか、越年草なのかはっきりしません。
ネット記事の多くが多年草としており、植物図鑑にも多年草と書かれていましたが、
私が信頼しているサイトでは越年草となっていたので、そのように記述します。


                                  2016.4.20撮影

ユキノシタ科ネコノメソウ属の越年草で、北海道~九州に分布する。
沢沿いや山裾の湿った林内に自生し、草丈は10~20cm。走出枝(ランナー)はない。
秋に芽生え、根出葉の状態で越冬する。根出葉は円腎形で直径2cmほど、長めの
葉柄がある。縁には10個ほどの浅鋸歯がある。
茎は多汁でもろい。茎葉は1~2枚で互生し、毛は少ない。
茎頂に輪生するように付く葉は中心部ほど小さく、黄緑色を帯びる。
花期は3月から4月で、茎頂に集散花序を出し、直径5mmほどの花を6~10個付ける。
黄緑色の花弁のように見えるのは4枚の萼裂片で、花弁はない。
雄しべは8本だが、まれに4本、葯は黄色。雌しべ(花柱)は2本。
果実は蒴果で、縦に裂開し、褐色で楕円形の種子が多数できる。
果実が熟した後は、やがて枯れる。
種子の他に、茎の基部に珠芽(むかご)ができて無性生殖も行う。
ジャンル:
植物
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 渓畔のオオバタネツケバナ | トップ | ワサビ 渓畔のお花畑 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL