宮城県北トレッキング 草木と遊ぶ

宮城県北部の山野を歩き回り、季節ごとの草花や果実を撮影し、その特徴や自生地の環境等について記録する。

沢沿いのクサソテツ

2017-05-18 | 日記
一関市藤沢町の、大籠地区東部の二股川支流沿いの集落道を歩いていると、沢へ下る
細道があって、これを行くと耕作放棄地に出ました。
見渡すと一面にクサソテツ(コゴミ)が茂っていて、まるでコゴミ畑のようですが、
コゴミを摘み採った痕が全く無いので、栽培しているわけではないようです。

まだ葉先に巻きが残っているのが可愛いですね。


                             二枚とも2017.5.12撮影

コゴミの名は、新芽が巻いて出てくるのを、人が屈んでいる姿のようだとして名付けられたとか。
今は屈むを「かがむ」と言いますが、昔は「こごむ」と言ったようです。

コゴミはとても人気のある山菜です。
クセのないやわらかい味、鮮やかな緑色が万人に好まれるようです。それに群生しますから大量に
採取でき、アク抜きしないで調理できるので手が掛かりません。
生で天ぷら、軽く茹でておひたし、ゴマ味噌和え、汁の実など、何にでも合います。


         〈山菜一口メモ こごみ より〉


                                 2017.5.12撮影

イワデンダ科クサソテツ属の夏緑性羊歯植物で、北海道〜九州に分布する。
山地の沢沿いや湿地の周辺、低地の河川敷や林縁に自生し、走出枝を出して増えるので、しばしば
群生する。根茎は直立し、葉を束生する。
葉は春に出る栄養葉と、秋に出る胞子葉があり、ともに根茎から束生する。
栄養葉は草質で鮮やかな緑色、一回羽状複葉で長さが1mにもなる。
葉柄は短く基部は広がり、横断面は広三角形。皮針形で全縁の鱗片をまばらに付ける。
葉身は倒皮針形で先端が急にせまくなる。羽片は数多く30~40対もあり羽状に深裂し、線形で先端
は鋭く尖り毛がない。下方の羽片は小形になり長楕円形で鈍頭となる。
秋に株の中心より高さ30~60cmの胞子葉を数本出し、冬も残る。
胞子葉は栄養葉より小さく、 倒披針形で褐色。1回羽状に分裂し、裂片は裏に巻いて胞子のう群を
包み込む。胞子は9~10月に熟す。

ジャンル:
植物
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« アケビ 雌花と雄花 | トップ | 休耕田のサワオグルマ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL