宮城県北トレッキング 草木と遊ぶ

宮城県北部の山野を歩き回り、季節ごとの草花や果実を撮影し、その特徴や自生地の環境等について記録する。

オオセンナリ 南米原産

2017-03-06 | 日記
花泉町永井地区の町道を歩いていると、丘陵下の堆肥置場近くに青紫色の
花が咲いていました。一見してナス科の植物と判り、草姿や花の様子から外来の
園芸種のように思われますが、名前までは判りません。
葉の形とか枝の出方などはワルナスビに似ているものの、鋭いトゲはありません。
ナス科・外来種・園芸種などで検索すれば、種を同定できるでしょう。




                             二枚とも2016.7.8撮影

上手く写真付きの記事に行き着き、「この紫色が美しいホオズキは、オオセンナリの
園芸種のクロホオズキといって、やはりナス科の植物です。」とありました。
日本での呼び名(和名)はオオセンナリで、南アメリカ原産の一年草のようです。
一年草ですが、この堆肥置場のように粗放な管理がされるなら、その方が大型の植物
には好都合かも知れず、毎年更新されていくような気がします。

オオセンナリは有毒植物で、ハエが忌避する匂いを出すそうです。.
それで堆肥置場脇に植えられたものと推測します。


                                 2016.7.8撮影

ナス科オオセンナリ属の1年草 で、南アメリカのペルー~チリが原産地。
我国へは江戸末期に渡来し、草丈は50~100cm。
茎には稜があって角張り、直立して分枝する。
葉は互生し、葉身は長楕円形~卵形で長さ5~10cm、縁は不規則に切れ込み、
先端は尖る。葉柄は長さ1.5~6cm。
花期は7~10月、葉腋から花柄を出し、直径2.5~5cmの鐘形の花を付ける。
花冠は浅く5裂して平開、花色は青紫色、萼は大きく筒状で、稜が目立つ。
果実は液果で、直径1cmほどの球形。袋状になった萼に包まれ、淡褐色に熟す。
種子は扁平な円盤形で、直径2mmほど。
ジャンル:
植物
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ブルーベリー 北米原産 | トップ | 林道法面のノギラン »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL