宮城県北トレッキング 草木と遊ぶ

宮城県北部の山野を歩き回り、季節ごとの草花や果実を撮影し、その特徴や自生地の環境等について記録する。

イワイタチシダ 光沢のない葉 

2017-03-21 | 日記
気仙沼市本吉町の山田川流域を走行していると、道路上手の大岩から羊歯らしき
ものが枝垂れているのが見えます。
車を路肩に止めて、小沢沿いの細道を上って行くと、つやのない葉の中型羊歯で、
葉柄には黒っぽい鱗片が密生しています。
イタチシダの仲間と思われますが、具体的な名前までは判りません。
各部位の写真を撮って、帰ってから種の同定をすることにします。




                            二枚とも2015.12.13撮影

葉表に全く光沢がないことから、イワイタチシダと見当を付けました。
葉柄に生えている鱗片が黒く、横~上向きなことなどからイワイタチシダで間違い
ないでしょう。そもそも大岩の隙間に生えていましたから、名前と合致しますしね。

羊歯植物図鑑などでは「奥山に自生し、里山に下ることはない」などと書かれてい
ますが、それは関東や関西の話で、それらの地より北に位置する宮城県では
集落近くに崖地や岩場があれば、けっこう生育しているようです。


                                2015.12.13撮影

オシダ科オシダ属の常緑性羊歯植物で、北海道~九州に分布するが暖地では稀。
山地の沢沿いの岩壁や崖地、岩がちの道路法面などに自生し、草丈は20~40cm。
根茎はほぼ塊状、披針形で褐色の鱗片を密生し、葉を叢生する。
葉柄は長さ10~15cm、直径1.5~2mm、上部の鱗片は黒褐色~黒色で毛状。
鱗片の先端部が上反りに曲がる。中軸、羽軸には袋状の鱗片が密生する。
葉身は卵状長楕円形で長さ20~35cm、幅10~15cm、2~3回羽状深裂、先端は尖る。
羽片は広披針形、質厚く深緑色で、表面には全く光沢がない。
羽軸下側の小羽片が長く、上側が短い。 最下羽片の下側第1小羽片は他のイタチシダ
類同様に長く伸びる。裂片は全縁で、裏側にわずかに巻く。
ソーラス(胞子嚢群)は裂片の中肋沿いに付き、包膜はやや大きい。
ジャンル:
植物
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ヤマイタチシダ 半光沢の葉 | トップ | カワラタケ 薬用キノコ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL