宮城県北トレッキング 草木と遊ぶ

宮城県北部の山野を歩き回り、季節ごとの草花や果実を撮影し、その特徴や自生地の環境等について記録する。

我家のマルバマンネングサ

2017-03-07 | 日記
何年か前、散歩で見つけたマルバマンネングサを千切って持ち帰り、玄関脇に
挿し芽したのが根付いて、今はかなり広く蔓延っています。
玄関ポーチの陰になって日当たりが阻害されるためか、花の付きは良くないようです。
それでも、点々と20~30は花が咲いてきました。




                             二枚とも2016.6.22撮影

花が咲く時期になると、今まで緑色だった葉が、茎頂付近だけ花と同じような黄色に
色付きます。いろいろ調べると、これはマルバマンネングサの変種で、頭に「オウゴン」
が付く園芸種のようです。自生種に比べると、葉がさらに丸くなっているようです。


                                 2016.6.22撮影

ベンケイソウ科マンネングサ属の常緑多年草で、関東以西の本州~九州に分布する。
山地の岩上や石垣に自生し、冬はロゼット葉で越す。
市街地の道端などに生えている株は、栽培株が逸出したものと言われている。
茎は紅紫色、横に這って節から根を出し、さらに分枝して広がり、先端が斜上する。
葉は対生し、葉身は倒卵形~倒卵状さじ形で、長さ7~10mm。基部は狭まり、先は円形。
質は多肉質で、葉表はやや光沢がある。
花期は6~7月で、茎頂の集散花序に黄色い星形の花が付く。花弁は5個付き、
披針形で先が尖り、長さ4~5mm。葉状の苞が目立つ。
萼片は線状さじ形で長さ2~3mm。雄しべは10個、葯は裂開直前に橙赤色、
裂開後は黒色になる。花柱は長さ1mmほど。
果実は袋果で直径5mmほど。種子は卵形で0.7mmほど。
ジャンル:
植物
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ネズミモチ 香りの良い花穂 | トップ | 横丁のコモチマンネングサ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL