宮城県北トレッキング 草木と遊ぶ

宮城県北部の山野を歩き回り、季節ごとの草花や果実を撮影し、その特徴や自生地の環境等について記録する。

林道沿いのミズヒキ

2017-02-13 | 日記
登米市登米町東部の、沢沿いの林道を上がって行くと、道端の草藪に長い花穂を
伸ばしたミズヒキが、あちらこちらに群生しています。
どこの山を歩いても見かける、ごくありふれた野草ですが、それ故に一度も撮影
したことがありませんでした。おっと、ありふれた花だから撮らないというよりも、花が
小さすぎて上手くピントを合わせられないから、と言うのが本当のところですね。


                             二枚とも2016.9.11撮影

花穂に付いた赤い米粒状のものはツボミだと、長い間思い込んでいましたが、いろいろ
調べた結果、これは花後の果実だと判りました。
「果実は濃紅色のガクに包まれて熟し、長く伸びた2本の花柱の先は鈎状に曲がる。」
秋が深まると、赤いガクが茶褐色に変わるようです。
参考までに、開花期の花の写真を貼り付けます。


〈 三河の植物観察より 〉


                                 2016.9.11撮影

タデ科ミズヒキ属の多年草で、日本全土に分布し、草丈は30~80cm。
低地から山地の林縁や林内に自生し、やや湿気を好む。
生育適地では太い根茎から何本も茎を出して、株立ち状になる。
茎は緑色~赤色、断面が円形、中実で、直立する。茎や托葉鞘には毛が多い。
葉は互生し、葉身は広楕円~倒卵形で長さ5~15cm、先が短く尖る。葉の両面に毛が
あり、葉の中央に八の字形で暗色の斑紋があることが多い。
花期は8~10月で、葉腋から細い針金のような花柄を長く伸ばし、小さな赤い花を横向き
に疎らに付ける。花被は4個に深裂し、そのうち上側3個の半分ほどが赤く、下側1個が
白く、これがミズヒキと呼ばれる由縁である。
雄しべ5個、雌しべ1個、花柱2個の先が鉤型に曲がって引っかかりやすく、これが果時
まで残って動物などにくっつく。痩果は卵形で長さ2.5mmほど、光沢のある褐色。
ジャンル:
植物
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ヤブタバコ 動物散布型種子 | トップ | ノアザミのロゼット葉 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL