宮城県北トレッキング 草木と遊ぶ

宮城県北部の山野を歩き回り、季節ごとの草花や果実を撮影し、その特徴や自生地の環境等について記録する。

ゴマナ 背高なノギク

2017-02-12 | 日記
仙沼市南西部の本吉町小泉地区で、杉林内の林道を下っていると、林が
途切れるところで、白い花をたくさん付けたキクの仲間らしき植物が茂っています。
歩み寄ると、山側法面に生えていて、キクの仲間にしては背高です。
葉が長く、笠形の花序にたくさんの小さな花・・たしか、ゴマナでしたね。
谷あいの耕作地周辺で、何度か見たことがあります。




                             二枚とも2016.9.17撮影

ゴマナの謂れは、葉がゴマの葉にそっくりなことと、春の若芽の頃は山菜として
食されることから。根茎を横に這わせ、その先から次々に株が生じるため、山菜採り
の際は畑の葉物のごとく効率良く採取できるので、「菜」が付けられたのでしょうね。
てんぷら・おひたし・マヨネーズ和え・汁の実などとして食されているようです。


                                 2016.9.17撮影

キク科シオン属の多年草で、本州~九州に分布し、草丈は1~1.5m。
山地のやや湿った草原や林縁、道端などに自生する。、
太い根茎が横に這い、直立する茎を出して群生する。
葉は互生し、葉身は長楕円形で長さ13~18cm、先端は尖り、縁には粗い鋸歯がある。
葉の基部は楔形、両面とも細毛があり触るとざらつく。
花期は8~9月で、茎頂や枝先に散房花序を出し、多数の花を付ける。
花は頭花で直径15mmほど、舌状花は雌性で白色、8~12枚付く。
筒状花は両性で黄色。総苞は長さ3~3.5mm、毛が多い。
果実は痩果、狭長楕円形で長さ2.5mmほど、冠毛は白色で、長さ4.5mmほど。
ジャンル:
植物
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ヒメジソ 精油に薬効 | トップ | 俯いて咲くタカアザミ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL