宮城県北トレッキング 草木と遊ぶ

宮城県北部の山野を歩き回り、季節ごとの草花や果実を撮影し、その特徴や自生地の環境等について記録する。

大盤峠のオオバキスミレ

2017-05-06 | 日記
気仙沼市の不動山や田束山では、何度かオオバキスミレの花を観察していますが、
他の地域では見たことが無かったので、南三陸町南部の大盤峠周辺で探してみました。
この辺りはかつての峠道や林道が通っていて、それらを繋ぐと周回コースを設定できる
ので、よく訪れるエリアです。




                           二枚とも2017.4.30撮影

水戸辺川中流から林道を東へ上って行き、途中から山の尾根筋を上り詰めて、かつての
大盤峠旧道に出ました。この旧道は尾根道ですから、青葉が茂る前の今は日当たりが良く、
日陰を好むオオバキスミレは生えていません。
峠の八合目辺りまで上ると杉林が現れたので、林内に立ち入って探してみると、窪地や
湿り気のある斜面に、オオバキスミレが点々と生えていました。
群生こそしていないものの、個体数はけっこう多いですね。


                               2017.4.30撮影

田束山のオオバキスミレについては、下の青文字をクリックして参照願います。
属性や特徴などのデータも付いています。
オオバキスミレ 希少な黄花

ジャンル:
植物
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 松林のフデリンドウ | トップ | 松島丘陵のカスミザクラ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事