宮城県北トレッキング 草木と遊ぶ

宮城県北部の山野を歩き回り、季節ごとの草花や果実を撮影し、その特徴や自生地の環境等について記録する。

岩壁のノウゼンカズラ

2017-08-08 | 日記
東松島市野蒜地区の、凝灰岩の岩壁にモルタルが吹き付けられていて、そこに
ノウゼンカズラが這い上がって、たくさんの花を咲かせていました。
モルタルが吹き付けられているのは、下にかつては家並があったものと推測されます。

つるの太さや高さから、大震災前からここに生えていたのでしょう。
ということは、塩害に強い植物なのかも知れませんね。






                             三枚とも2017.8.3撮影

ノウゼンカズラは昨年8月に観察して、記事をアップしています。
属性や特徴については、下の青字をクリックして参照願います。
ノウゼンカズラ 中国原産

ジャンル:
植物
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 海岸岩壁のラセイタソウ | トップ | 宮戸島のハチジョウナ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL